体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Appleに買収されたShazamの最新バージョンではオフライン機能が使えるように!

先日、Appleによって買収されたことで一躍注目を集めた企業Shazam。周囲でかかっている音楽をマイクで認識して、アーティスト名や楽曲名を教えてくれるアプリを提供している。

Appleに買収されたことで今後どんなサービスに生まれ変わる(もしくはどんなiPhoneの機能になる)のだろうとワクワクしている人も多いはずだが、現行のアプリになかなか便利な新機能が加わったようだ。

・オフラインでも使えるように

先日アップデートされた最新のバージョン11.6.0では、新たにオフライン機能が加わった。ただこの機能は、GoogleのPixel 2に搭載された機能「Now Playing」ほど、完全なオフライン機能というわけではない。いうなれば、半オフラインといったところだろう。

インターネット環境のないところで音楽を確認したい時に、青色の大きないつものボタンを押す。すると、次にインターネットに繋がったタイミングで、即座に音楽の情報を通知してくれる。その際にはアプリを開いておく必要もない。

・海外旅行では活躍してくれるかも?

今やモバイルデータネットワークが繋がらなかったり、WiFiのない商業施設というのは少なくなってきているが、移動中にインターネットを使えないことの多い海外旅行などでは大変重宝しそうだ。

例えば、移動中のタクシーのラジオで流れている曲をホテルに戻った際に確認することができる。今まではインターネットありきのアプリだったため、これで利用の精神的なハードルも下がるのではないだろうか?

派手なアップデートとはいえないが、音楽好きにはたまらない新機能だといえるだろう。

執筆:Doga

9to5Mac

Shazam

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。