体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新年を祝うフランスの伝統菓子“ガレット デ ロワ”に抹茶味!

フランスの新年のお祝いに欠かせない伝統菓子「ガレット デ ロワ」を、「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」が12月28日(木)~2018年1月14日(日)の期間、<丸の内店><東京ミッドタウン店><新宿伊勢丹店><渋谷ヒカリエShinQs店><JR名古屋タカシマヤ店>及び公式オンラインショッピングサイトにて限定発売!

「ガレット デ ロワ」は、丸いパイ生地の中に、たっぷりのアーモンドクリームが入ったお菓子。パイの中には“フェーブ”と呼ばれる陶器製の人形や置物を忍ばせ、自分のパイに“フェーブ”が入っていた人は皆から祝福され、幸運が一年続くと言われいる伝統菓子だ。


「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」定番の「ガレット デ ロワ ナチュール」3240円(税込)は、フランス産発酵バターを贅沢に使用したサクサクのパイ生地に、濃厚なアーモンドクリームをたっぷりと詰めた。


そして、今回新作として登場するのが、バターの風味豊かなパイ生地に愛知県西尾産の抹茶を使用した濃厚なアーモンドクリームを合わせた「ガレット デ ロワ マッチャ」3456円(税込)だ。サクッとした生地と和を取り入れたクリームの絶妙なバランスは、「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」ならでは。

どちらのガレットにも、“フェーブ”の代わりにアーモンドが入っている。そのため、ガレット1つにつき“フェーブ”と王冠(各1個)が別添えで付いてくる。

この時期しか味わえない「ガレット デ ロワ」を「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」で手に入れて!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy