体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【徹底解析】ボブサップは何者なのか判明 / ボブ・サップに隠された正体が判明 / FBIから捜査協力要請も

bobsapp

ボブサップはいったい何者なのか? その名前を聞いたことはあっても、総合格闘技家やプロレスラーといったプロフィール以外の情報を知る人は少ないだろう。そんなボブサップは朝青龍と戦うことも判明し、大きな話題を呼んでいる。今回は、ボブサップの強靭な肉体に隠された正体をひも解く。

・ボブサップの異名が凄い
ボブサップは、1973年9月22日生まれの44歳。意外にもオジサンな年齢だが、そう思わせないのは、ボブサップにパワフルな筋肉と威圧感があるからだろう。彼はいくつもの異名を持ち、「ザ・ビースト」「野獣」「暗黒肉弾魔人」「無敵の暴走機関車」「筋肉の二世帯住宅」などと呼ばれている。

現在のところ身長2メートルで、体重は145キロだ。キックパワーはすさまじく、それ以上にエネルギッシュなパンチのパワーは凄まじいものがある。

bob-sapp

・ボブサップは野獣であり猛獣であり魔獣
非常にワイルドでバイオレンスな雰囲気持つボブサップだが、幼いころは教育熱心な親によりスパルタ教育を受けてきた。そう、意外にも頭脳派なのである。だがしかし、ボブサップの暴走する肉体の躍動は止められなかった。なんとボブサップの高校時代の体重は115キロ。その威圧的なオーラも伴い、野獣であり猛獣であり魔獣のような雰囲気で一目置かれる存在に。

・ボブサップがK-1にスカウト
その後アメリカ国内でプロレス団体に所属していたが、2002年、日本でも有名なK-1にスカウトされこたとにより、広く知られる存在に。日本中どこに行ってもボブサップブーム。誰もがボブサップを絶賛し、子どもから大人まで、老若男女が愛する存在となった。なんと、コロコロコミックで「バビブベボブボブ!!さっぷくん」という漫画を連載することも。

・ボブサップの生の声
その後活躍をし続けるが、ボブサップの周囲の人々の「酷すぎる対応」にストレスが溜まり、ついにブチギレ激怒。暴露本「野獣の怒り」を出版し、マフィアやギャング、そしてFBIがらみの話も暴露。FBIから捜査協力要請もあったという。この本により、ボブサップの生の声が世間に広まった。

・ボブサップはボビーとも対戦
そんなボブサップは、ここ数年の間では明治安田生命保険やソフトバンクなどのCMに出演。いまだに人気のある人物であることがわかる。ちなみに、ボブサップはボビー・オロゴンとも戦っており、そして勝利している。ボビーもかなり強いはずだが、ボブサップは彼の上をいく強さだったようだ。

もっと詳しく読む: ボブサップは何者なのか判明 / ボブ・サップの強靭な肉体に隠された正体が判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/20/bob-sapp/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy