体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

対比された2枚の写真が浮かび上がらせるものとはーー

IMG_0183

写真家の相澤有紀が自身の作品をプリントしたTシャツを販売開始。ホワイトとグレーの二色のTシャツは、“into the light”と”limousine”と題された二つの作品がそれぞれ印刷されている。

これまでスナップショットやバンド・アーティストの写真、サロンのシーズンコレクションなどを撮ってきている相澤有紀が今回発表するのは、2つの対比された作品だ。

写像は滲み、光そのものを撮ったかの様な”into the Light”、シルクスクリーンにより明瞭な焦点と解像度を奪われた ”limousine”。
どちらもフィルムカメラで撮影されながら、”みせる”あるいは”モノ”にするという工程とその過剰によって激しく対比された2枚の写真。

それは創作という行為自体に付き纏う”素材の抵抗”とでも呼ぶべき現象を見事に浮かび上がらせた。

2枚の写真の狭間には何がみえるだろう。写真家による、メディアとしての写真。それに対する懐疑にも似たアンチテーゼ。
このTシャツ発売に伴い、”Resistance to the materials”と題された写真展とレセプションパーティを開催。
Tシャツ同様、印刷方法の異なるこの2つの写真を下高井戸の床屋BARBER SAKOTAで展示する(レセプション当日はTシャツ販売もあり)。
Tシャツは2018年1月15日より、TEIEN ONLINE STOREにて購入可能。

IMG_0255

”Resistance to the materials”
2018年2月3日(土)
18:00-22:00
at BARBER SAKOTA (下高井戸駅 世田谷区赤堤4-42-19)
(写真の展示は2月18日まで同会場で実施)

IMG_0277

【長袖Tシャツ】
‘into the light” ホワイト サイズ:M/L/XL バックプリント
“limousine”   グレー  サイズ:M/L/XL バックプリント
各¥4,800(税別)

相澤有紀
写真家。90年東京都出身。
主にスナップ、バンドのアーティスト写真やライブを撮影。
これまでにバンド never young beachを1年間密着して作られた写真集『SURELY』や、自身の周りの仲間達を記録したZINE『NUGG』を発表している。
記憶をフィルムに焼き付けるように、日々シャッターを切っている。
https://www.izwyuki.com/

Yuki Aizawa
Photographer born in Tokyo 1990.
His works mainly focus on the snapshots and artist photography for musicians.
He had released a photo book “SURELY” for a band “never young beach” and a zine “NUGG” for recording his friends.
He takes photos for remembering all the precious memories in his everyday life.
https://www.izwyuki.com/

TEIEN ONLINE STORE:https://teienonline.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy