体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年話題の1冊『もしそば』著者に直撃

2017年話題の1冊『もしそば』著者に直撃
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。12月19日(火)のオンエアでは、宝島社から12月に発売されたばかりの『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら 青のりMAX』に注目しました。

今年6月に発売された第1弾『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』は、太宰治にはじまり、村上春樹、星野源、又吉直樹、池上彰まで100人の文豪や著名人などの文体や語り口を真似た「カップ焼きそばの作り方」が掲載され、話題となりました。12月に発売された第2弾とあわせ、累計15万部を突破している話題のシリーズです。そこで今回は著者の神田桂一さん、菊池良さんをお迎えし、お話を伺いました。

元々は以前、菊池さんがツイッターで村上春樹の文体模写をやっていて、カップ焼きそばの作り方を春樹文体で書いたものが3万リツイートされ、それを見た神田さんが「村上春樹マニュアル」という本を思いつき、菊池さんを誘ったのがこの企画のきっかけだったそうです。

当初は、村上春樹オンリーで出版社に掛け合ったものの、なかなか企画が通らず、編集者の石黒謙吾さんに相談したところ、「1つのシチュエーションを100人の作家がやったら?」とアドバイスを受けて持ち込むと一発で採用。しかし内心は「作家100人はキツイなあ…」と思っていたそうです(笑)。

100文体、誰を選ぶかについては、神田さんと菊池さんで50ずつ、自分たちが書きたい元ネタを出し決めたそうですが、なんと全くかぶらなかったとか! 神田さんが現代作家が好きで、菊池さんが古典作家が好きということも、住み分けが上手くできた理由ではと分析していました。

第2弾では、カズオ・イシグロやブルゾンちえみなど旬な方々も満載ですが、「今回は一度書いてみて、やりにくい人は途中でやめたり、世間に迎合してしまったので、売れないのではないか…(笑)」と不安を明しつつ、各作家のデビュー作や代表作を読んで文体を研究するなど地道に勉強したそうです。

ちなみに、田中圭一さんの書き下ろしイラストも見どころだとか。気になった方はぜひ手にとってみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。