体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Nokia 9(TA-1005)がFCC入り、Android 8.0やオンスクリーンボタン、3,250mAhバッテリーを搭載

Nokia スマートフォンの新しいフラッグシップモデル「Nokia 9」と思われる HMD Global 製の「TA-1005」が 12 月 19 日付けで FCC の認証を取得しました。FCC ID は「2AJOTTA-1060」です。TA-1005 が Nokia 9 だとは FCC の認証情報に記されていませんが、以前 Weibo で流出したラインアップの資料には Nokia 9 のシングル SIM 版にこの型番が割り当てられていました。HMD 社が FCC に提出した資料によると、TA-1005 は Android 8.0 を搭載したハイスペックスマートフォンで、システムの操作にはオンスクリーンタイプのナビゲーションボタンを採用しています。既存の Nokia スマートフォンは全てセンサータイプのタッチボタンを採用しており、TA-1005 で大きく変わることになります。これはおそらく縦長ディスプレイを採用するためにタッチセンサー部分を排除したからでしょう。また、TA-1005 は 3,250mAh のバッテリーを搭載しています。この容量から推測すると、Nokia 9 のディスプレイサイズは 5 5 インチ ~ 5.7 インチと考えられます。6 インチ画面でこの容量は少な過ぎるので、少し小さち予想されます。Source : FCC

■関連記事
日産の海外向け4車種の2018年モデルがAndroid Autoをサポート
HMD Global、Nokia 6のAndroid Oreoベータテストを開始
Google Playストアで対象の電子書籍が200円で購入できる、200円均一セール開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。