体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大注目マルチプレイヤーのソロプロジェクト

大注目マルチプレイヤーのソロプロジェクト
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。12月18日(月)のオンエアはemmaとのコンビでお送りしました。

この日はゲストにTENDREが登場! スタジオライブで盛り上がりました。TENDREは3人組バンド「ampel」のベース&ボーカル、河原太朗さんのソロプロジェクトです。

河原さんは、ベースだけでなくキーボードやサックスなど、いろんな楽器を操るマルチ・インストゥルメンタル・プレイヤーとして様々なバンドのサポートも務め、同番組でも以前、Ryofuさんがスタジオライブを披露してくれた時に、サポートメンバーとして参加してくれています。

そんな河原さんが、SoundCouldに公開して話題を集めたThundercatのカバー「Theme Change」を含む6曲入りEP「Red Focus」を12月6日(水)にリリースしました。

今回、スタジオで演奏してくれたのは「Night & Day」「Walk」「hanashi」「DRAMA」の4曲。Ryofuさんのサポート時とは違い、今回はご自身がメインだったため、すごく緊張したと河原さん。しかしそんな風にはまったく思えない素晴らしいスタジオライブでした。

凄腕ベーシストThundercatのカバー「Theme Change」については、「同じベーシストとしてのリスペクトみたいなものがあるんですか?」と藤田。

これに「あります」と河原さん。リスペクトはもちろん、実はどちらかというと、自身と同じベース&ボーカルというスタイルにシンパシーを感じるそうで、「曲の組み立て方がすごくおもしろいのもあるんですけど、とにかく歌もすごい」とその魅力を語りました。

そして今回リリースした「Red Focus」は、TENDREとしてはデビュー作になります。どんな思いが込められているのでしょうか?

「最初は新録だけ入れようと思ってたんですが、過去のアーカイブというか、こういう軌跡を辿ってここまでやってきたということと、『私はこれからこういうことをしますよ』っていう意味での新録を含めて、この『Red Focus』ができたかなと」(河原さん)

心地よいサウンドと甘い歌声、さらに河原さんのマルチプレイヤーぶりがたっぷり堪能できる「Red Focus」。ぜひチェックしてみてください!

この他、新譜の発売日の前々日となる月曜夜に“ふた足”お先に注目作品をフライング紹介する「フラフラゲ」のコーナーでは、DAOKOがリリースする2ndアルバム「THANK YOU BLUE」を紹介しました。火曜日の「SONAR MUSIC」は、そのDAOKOとお送りします。こちらも要チェック♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。