体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブロックチェーンを活用した低所得者のためのスマートIDアプリ「Fummi」

米ニューヨークのスタートアップ企業「Blockchain for Change(ブロックチェーン・フォー・チェンジ)」は、低所得者に向けて、スマートID機能とデジタルウォレットを兼ね備えたスマホアプリ「Fummi」を開発した。

・スマートIDとデジタルウォレットを備えたスマホアプリ

世界銀行のデータによると、世界全体で推計11億人がID(身分証明書)を持っておらず、医療や教育、生活支援など、社会福祉サービスを受けるうえで、大きな妨げのひとつとなっている。

そこで、「Blockchain for Change」では、「Hyperledger Fabric」と「Ethereum」という二種類のブロックチェーン基盤を活用し、情報と金銭をセキュアで安全に保存・処理できるプラットフォーム「Fummi」を構築した。

「Hyperledger Fabric」をベースとする「Fummi」のスマートID機能では、ユーザーが個人情報などを入力しておくことで、第三者機関を介さずにIDを認証させ、必要な社会福祉サービスを確実に受けることができる。

また、「Blockchain for Change」は、「Ethereum」上で独自の仮想通貨「Change」を発行し、「Fummi」のデジタルウォレットでこのトークンを管理できる仕組みを実装。

ユーザーは、個人情報の登録や社会福祉サービスの受給申請など、「Fummi」を利用するごとにトークンを獲得でき、獲得したトークンは、ユーザー間で取引できるほか、「Fummi」に参加する機関や団体の福祉サービスなどに利用することもできる。

・ブロックチェーンを活用し、社会福祉サービスを確実に届ける

「Fummi」は、ブロックチェーン技術を効果的に活用することによって、透明性を担保しながら、公的支援や社会福祉サービスを必要な人々に行き渡らせようとしている点が秀逸だ。(文 松岡由希子)

Blockchain for Change

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy