体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の指針になるメンター探しのコツとは?

自分の指針になるメンター探しのコツとは?

成功した人は、決して自分ひとりで成し遂げたのではなく、その裏には成功を後押した人物がいるものだ。

この、相互に学び合い、成長し合う存在であるメンターの存在が、いるかどうかが成功の一つのカギとなる。

では、どうやってメンターを見つければいいのだろうか。

『1分間メンタリング』(ケン・ブランチャード、クレア・ディアス・オーティス著、田辺希久子訳、ハーパーコリンズ・ジャパン刊)では、仕事に意欲を持てない若き営業担当のジョシュ・ハートフィールドと、忙しすぎて若き日の充実感を味わえずにいる営業部長のダイアン・バートマンの物語を通じて、メンタリング成功に必要な6つの要素を紹介している。

まず、メンターは必ずしも自分の目指す分野の人とは限らない。あらゆる場所を探してみるといい。かつての上司、大学の同窓生、先生、教授、友人、家族、会社の制度を通して、あるいは業界団体、ボランティア団体、オンラインのメンター紹介機関などを利用するのも手だ。

また、メンタリングにはさまざまな種類がある。対等な関係もあれば、大人と子ども、ベテランと初心者、年齢の離れた者同士など。望むメンタリングによって、相手に求めるものも変わる。

そして、自分がメンターに求める最も重要な資質をあらかじめ考えておくといい。

メンター候補との最初のミーティングでは、方法論より個人的な側面を優先すべきだろう。このとき大切にすべきは、直感だと著者は述べる。少しでも違和感を覚えるなら、良い組み合わせとは言えない。

さらに、メンターを探しているときは、勇気を持つことも重要だ。メンターを依頼してうまくいかなくても、失うものは何もない。たとえ断られたとしても、メンターがいない元の状態に戻るだけである。また、誰かのメンターになることでも学びがあるだろう。

自力で目標を達成したと思っていても、どこかで誰かに助けられていたり、協力してもらっているもの。お互いにとって有益なパートナーと出会うことが、成功の秘訣なのだろう。メンターとの関係が、仕事やプライベートに良い変化をもたらしてくれるはずだ。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「給料」以外に働くモチベーションは必要か? 人材育成の専門家のアドバイス

転職しても独立しても活躍できる人 その最大の特徴とは

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。