体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・アルバム・チャート】ルーク・ブライアン3作連続1位、人気レーベルのコンピ大健闘

【米ビルボード・アルバム・チャート】ルーク・ブライアン3作連続1位、人気レーベルのコンピ大健闘

 ルーク・ブライアンの新作『ホワット・メイクス・ユー・カントリー』がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 ルーク・ブライアンは、デビュー10周年を迎えた米ジョージア州出身のカントリー・シンガーで、本作『ホワット・メイクス・ユー・カントリー』は通算6枚目のスタジオ・アルバム。2007年のデビュー・アルバム『アイル・ステイ・ミー』は最高位が24位どまりだったものの、ロングヒットを記録し60万枚近くを売り上げた。以降、ブレイク作となった2009年の2ndアルバム『ドゥイン・マイ・シング』が6位、2011年の3rdアルバム『テイルゲーツ&タンラインズ』が2位、4th『クラッシュ・マイ・パーティー』(2013年)と5th『キル・ザ・ライツ』(2015年)は2作連続の全米首位に輝き、カントリー・アルバム・チャートでは3作連続のNo.1獲得を果たしている。

 その前作『キル・ザ・ライツ』は、同年に発売されたカントリー・アルバムとしての初動最高となる340,000枚を売り上げ、トータル120万枚の大ヒットを記録した。本作『ホワット・メイクス・ユー・カントリー』の初動ユニット数は108,000で、そのうちアルバムの売上は99,000枚。前作からセールスはダウンしたものの、スタジオ・アルバムが3作連続の全米アルバム首位、そしてカントリー・チャート4作連続の快挙を達成した。ルーク・ブライアンは、昨年のアーティスト収入ランキングで8位にランクイン(30億円)していて、そのほとんどがコンサートの興行収入だった。まだ発表されていないが、本作『ホワット・メイクス・ユー・カントリー』を引っ提げてのワールド・ツアーもおそらく開催されるだろう。ちなみに、現在までに来日公演をしたことはない。

 先週3位にダウンしたテイラー・スウィフトの『レピュテーション』は、今週2位に浮上した。今週の週間ユニット数は100,000で、初登場から5週連続で10万ユニットを獲得し、既にアメリカだけで165万枚、ワールド・セールスは200万枚を突破している。ただ、12月1日からスタートしたアルバムのストリーミング配信は伸び率が悪く、ポイントのほとんどがセールスによるものだった。

 5位に初登場したのは、今年大ブレイクしたヒップホップ・トリオ=ミーゴズなをを抱えるレーベル<クオリティー・コントロール>によるコンピレーション・アルバム。そのミーゴズを中心に、リル・ヨッティやトラヴィス・スコット、ニッキー・ミナージュ、カーディ・Bなど人気ラッパーたちが楽曲を提供している。続いて6位にも、ヒップホップ界からビッグ・ショーンとメトロ・ブーミンのコラボ・アルバム 『ダブル・オア・ナッシング』がランクインした。本作にも、21サヴェージやヤング・サグ、スワエ・リーなど、人気ラッパーたちが参加している。『クオリティー・コントロール:コントロール・ザ・ストリーツVol.1』の初動ユニット数は52,000、 『ダブル・オア・ナッシング』は50,000で、どちらのアルバムも7割近くはストリーミングによるポイントが占めた。

 4位に浮上したペンタトニックスの『ペンタトニックス・クリスマス』や、マイケル・ブーブレの『クリスマス』(9位)など、今週も引き続きクリスマス・アルバムがランクアップしている。ホリデー・シーズンの代表曲となった、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」は、今週のソング・チャートで9位に最高位を更新し、収録アルバム『メリー・クリスマス』も売上を伸ばした。ちなみに、配信サービスSpotifyが出資するサウンドトラック・ユア・ブランドの調査によると、アメリカでは17%、イギリスでは25%の買い物客が「クリスマス・ソングは不快」と答えているそう。

 次週は、エミネムの復帰作『リバイバル』や、N.E.R.Dの7年振りとなる新作『ノー_ワン・エヴァー・リアリー・ダイズ』、「ノー・リミットfeat.エイサップ・ロッキー&カーディ・B」(今週10位)がヒット中の、Gイージーの5thアルバム『ザ・ビューティフル・アンド・ダムド』など、人気アーティストの新作がランクインする。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、12月20日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『ホワット・メイクス・ユー・カントリー』ルーク・ブライアン
2位『レピュテーション』テイラー・スウィフト
3位『÷(ディバイド)』エド・シーラン
4位『ペンタトニックス・クリスマス』ペンタトニックス
5位『クオリティ・コントロール:コントロール・ザ・ストリーツVol.1』VA
6位『ダブル・オア・ナッシング』ビッグ・ショーン&メトロ・ブーミン
7位『フロム・ア・ルーム:ヴォリューム2』クリス・ステイプルトン
8位『スリル・オブ・イット・オール』サム・スミス
9位『クリスマス』マイケル・ブーブレ
10位『ストーニー』ポスト・マローン

関連記事リンク(外部サイト)

12月30日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
12月30日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
米カントリー界代表格によるセンス抜群の楽曲揃いな最新作 / 『ホワット・メイクス・ユー・カントリー』ルーク・ブライアン(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。