体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『北斗が如く』敵キャラ断末魔ボイスを募集 『あべしオーディション』開催

『北斗が如く』敵キャラ断末魔ボイスを募集 『あべしオーディション』開催

 株式会社セガゲームスから2018年3月8日発売予定のプレイステーション4専用ソフト『北斗が如く』に登場する敵キャラの断末魔の声を、一般から募集することになり、12月18日に記者発表会が行われました。本作は漫画『北斗の拳』を原作とした新作ゲームです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 『北斗が如く×DAM★とも あべしオーディション』と銘打って開催されるこのオーディション。第一興商のカラオケコミュニティサービスDAM★ともの動画・録音機能を利用して行われます。都内で行われた記者発表会には、『北斗が如く』の名越稔洋総合監督、佐藤大輔ゼネラルプロデューサー、そして第一興商の村井裕一専務が登壇。『北斗が如く』PV上映に続き、名越総合監督から「我々の新たな挑戦として生まれた作品です。完全オリジナルストーリーなので、多くの方々に楽しんでもらいたいです」とコメント。

 また、ゲストとして「『北斗の拳』好き」として知られるケンドーコバヤシさん、そして鈴木奈々さんが登場。ケンドーコバヤシさんは『北斗の拳』愛を語り、「主人公はケンシロウですけど、物語を彩るのは雑魚キャラの死に様です。アニメ版だと死に際に光るので、皆さんにはシャイニングな断末魔で挑戦して欲しいですね」と語りました。

 鈴木奈々さんは、『北斗の拳』については「あんまり知らなくて『断末魔』も知らないんです。……でもケンシロウは知ってますよ!」と元気よくコメントしてくれました。

 お二人には、実際に断末魔オーディションを受けていただくことに。ケンドーコバヤシさんは「目黒の怪しげなマッサージ屋があって、ある日行ったら無くなっていた時のことを思い出して」という背景のもと「なんでだぁ〜〜!」と絶叫。鈴木さんはケンドーコバヤシさんから「今の仕事が全部、菊地亜美に代わっていたら?」と振られて「あべし!」と絶叫。会場の笑いをさらっていました。

 オーディションは2017年12月18日〜2018年1月14日23時59分まで実施。「DAM★とも動画/録音」に対応している全国のLIVE DAM STADIUMシリーズ、またはLIVE DAMシリーズ設置店で参加できます。応募には「DAM★とも」会員登録(無料)が必要なのでお気をつけを。詳しくは「DAM★とも」公式サイトを参考にしてください。

 ゲストのお二人からは最後に「男なら誰でも一度は憧れた『北斗の拳』の世界に入り込むチャンスなんで、ぜひ応募してください」(ケンドーコバヤシさん)、「とてもストレス発散になりました!みなさんも挑戦してみてください」(鈴木奈々さん)とのコメントが。結果はともかく、とにかく大きな声を出すだけでも気持ちいいので、気軽に挑戦してみるといいかもしれませんね。

(c) SEGA (c) 武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証 GA-217

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

スペースインベーダー40周年記念しSteamでの展開決定
「渡ナベ」神経衰弱ゲーム『渡る世間はナベばかり』がアプリでリリース
JRA×新日本プロレスに3つの新ゲーム追加・レスラーに挑め!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy