体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

危険なスポーツ観戦⁉︎ 衝撃的すぎたアルゼンチンのダービーマッチ

危険なスポーツ観戦⁉︎ 衝撃的すぎたアルゼンチンのダービーマッチ

みなさんこんにちは、GGです。世界一周を終え、日本で勉学とアウトドアに精を出して日々を過ごしております。

僕の世界一周では、各地のサッカーを観戦してきました!帰国してから数えてみると、僕が海外でみたのは11試合。その中で最も熱く、日本との差を感じた試合は、アルゼンチンで観戦した一戦です。

今回はそのアルゼンチンでのサッカー観戦についてご紹介いたします!

 

そこはアルゼンチン、南米のサッカー文化

僕の世界一周は、「経験」「体感」することに重きをおいて行動していました。その途中で、あることを思いついたのです。

「幼稚園の頃から続けていたサッカーという一つのものさしで、世界中の文化を見て来たら面白いのでは?」

そうして各地のスタジアムを巡ってみると、各地域で個性のある雰囲気を持っているのでした!

Photo by GG

みなさんは南米のサッカーというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?もちろん、ブラジルやアルゼンチンなどの強豪チームが最初に思いつき、盛り上がるということが想像されるかと思います。

それだけでなく、サッカーに対しては世界で一番を争うほど熱く、そして時には人が死ぬこともある危険さを持つのです。

 

実際に自分がサッカー観戦をするとなると、そんな南米サッカーには少し腰が引けていました。

というのも、日本国内で行われたヨーロッパ王者vs南米王者の試合を見に行く機会があったのですが、その時に目の前で海外サポーター同士が殴り合いの喧嘩を見てしまったのです。おそらく、印象が強すぎたのだと思います。

しかし、今回の世界一周の経路にアルゼンチンが入っていたため、「このイメージを持ったまま通り過ぎてしまうのはもったいない!」と、アルゼンチン国内リーグを見る決心をしました。

 

目と鼻の先にライバルのスタジアム

「どうせ見に行くなら、一番熱い試合を見たい」

そんな気持ちを抑えきれず、見に行ける期間の最も熱い試合を探してみたところ、クラシコが行われるということがわかりました。

クラシコとは、スペイン語で「伝統の一戦」という意味で、盛り上がること間違いなしです!最も有名なものだとレアル・マドリードとバルセロナとの試合がですね。

アルゼンチンに限らず、地域に根付いたクラブチームには熱い地元サポーターが多く、ホームゲームではかなりの盛り上がりを見せるのですが、今回のクラシコは、なんと「同じ町に2チーム、そして互いのスタジアムがすぐそばに」という状況です!

Photo by GG

同じ町に、熱烈なサポーターが仲良く共存できるわけもなく、試合の日になるとそのサポーターたちはライバル心むき出しで応援するのです!

このクラシコにはアルゼンチン人のファンも殺到することがわかっていたので、前日の販売開始時間に合わせ、スタジアムに向かいました。いつもは当日にスタジアムでチケットを買っているので、ここからもその試合の注目度が高いことがわかりますね。

チケット売り場についてみると、その試合のホームチームカラーである水色を身にまとったアルゼンチン人が列を作っていました。

Photo by GG

中には、昼間にもかかわらずお酒を飲み、かなり盛り上がっている人たちもいました。何か、普段の試合観戦とは異なる雰囲気を前日のチケット販売から感じ取っていました。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。