体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤と黒のボディが目を引く! LeicaのTyp 262に特別限定バージョン登場

カメラ好きにはたまらない魅力を備えるライカ。外観デザインもさることながら、機能面でも定評がある。

そのライカのMシステム搭載「Typ 262」に特別限定モデルとしてボディが赤と黒のバージョンが登場した。世界で100台限定の発売となり、現在プレオーダーを受け付けている。

・洗練された配色

写真を見てもらえればお分かりのように、ボディの上部と下部が赤色、そのほかは黒色と、シックながら目を引くカラーコンビネーションだ。

カメラ好きの、洗練された大人のためのモデルという印象。デイリー使いにはややもったいないくらいの美しさだ。

・軽量かつ高機能

機能的には、通常のTyp 262と変わらない。トップカバーにアルミを採用しているので従来モデルに比べて軽量で、ライカのレンジファインダーカメラのために開発された2400万画素35ミリCMOSセンサーを搭載している。

ライカの限定モデルは職人によるハンドメイドという“逸品”。価格は6995ドル(約79万円)と簡単に手を出せる設定ではないが、世界で100台のみの販売なので興味のある人は早めにチェックした方が良さそう。なお、価格にレンズは含まれない。

Leica

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。