体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄そばの異端、とも言われる「金月そば」を食べてみた。

沖縄そばの異端、とも言われる「金月そば」を食べてみた。

沖縄そばを取材したいと思ったとき、正直どのお店にするべきかすごく悩みました。

スープにこだわっているところ、三枚肉のインパクトがすごいところ、古民家風の雰囲気がいいところ…。特徴はお店ごとによって違うし、そもそもたくさんあるからです。

そんなとき、やっぱり「麺」にこだわっているところにしようと決めました。伺ったのは、「金月そば」の恩納店。そこで、沖縄そばの歴史と、今の時代に合わせてどんなアップデートに挑戦しているのか、知ることになったんです。

外麦じゃなく、国産。
茹で麺じゃなく、生麺。

きんつきではなく「きんちち」と読むそうです。

読谷、恩納、那覇に店舗があり、それぞれに異なった楽しみ方ができますが、この恩納店には「つけそば」があります。そもそもお店自体が製粉所も兼ねていて、沖縄小麦100%の地粉麺も食べられます。

代表の金城太生郎さんにお話を訊きながら、早速「つけそば」をオーダーしました。沖縄そばの異端、とも言われる「金月そば」を食べてみた。

—— 県産小麦へのこだわりを教えてください。

「そもそも熱帯気候の沖縄は麦の栽培に適さないと言われてきましたが、じつは戦前より麦を栽培してきたという記録があるんです。ここ最近は、主に北米産の小麦が使われている沖縄そば業界ですが、1杯のなかに少しでも県産の小麦が入ることで食料自給率が向上することを夢見て、取り組み始めました」

—— 製粉、製麺もされているんですよね?

「はい、当店も所属する沖縄県麦生産組合(沖縄県内で15農家)より委託を受け、製粉業務を行なっています。オーガニック栽培小麦なので、栄養価の高い小麦の外側の『外皮・フスマ』の部分まで石臼を導入し、麺に使っています。

また最近は生麺を使う沖縄そば屋さんが20軒ほどあるようですが、金月そばがスタートした10年前は3軒ほどでした。沖縄そば業界の90%以上が『茹で麺』であるなか、提供前に麺を茹でることで、麦本来のモチモチ感とコシを味わってほしいと思っています。また、ベースとなる小麦は熊本産100%で、国産小麦で運営しているところも特徴ですね」

—— メニューに「つけそば」があるのも、そのあたりに理由が?

「そうですね。つけ麵スタイルのそばは、より麺の味を感じてもらえますし、『生麺』だからこそ香る小麦の風味があります。ゆで上がったときの喜びをお客さんにも届けたくて、その方法のひとつとして『つけそば』を提供しています」

—— 異端、と言われることもあるとか?

「沖縄そばが “文化” として浸透してきたのは、戦後だと思います。当時、米軍から配給される食品のひとつに小麦粉がありました。冷蔵システムのない時代、日もちがよく手軽な『茹で麺』が消費者に支持され、その茹で麺文化がなお色濃く残る現代においても、金月そばが提供するものは “異端” だと自負しています。

もちろん、沖縄そばの『外麦(外国産小麦)』『茹で麺』が、戦後沖縄の食文化を支えてきたことは間違いありません。そんな風に先人の食卓を支えた沖縄そばを、ただ形を変えるのではなく、当時の歴史やそうせざるを得なかった時代背景も自分たちのなかで消化し、これからも続いていく新しい沖縄そば文化の一部になれればと思っています」

ちなみに、この日食べたたまごやつけあわせの野菜も、沖縄県産です。沖縄そばの異端、とも言われる「金月そば」を食べてみた。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。