体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、「Galaxy A8(2018)」と「Galaxy A8+(2018)を発表、」Galaxy S8っぽいデザインでフロントデュアルカメラを搭載

Samsung は 12 月 19 日、ミッドレンジモデルで初めて 18.5:9 のインフィニティディスプレイを採用した「Galaxy A8(2018)と「Galaxy A8+(2018)」を正式に発表しました。発売時期は 2018 年 1 月上旬です。CES 2018 でデモ展示されると思います。Galaxy A8 / A8+(2018)は、Galaxy S8 シリーズで導入されたエルゴノミックなボディデザインと大型インフィニティディスプレイ、そして前面にデュアルカメラを搭載するなど、デザインとカメラに優れた機種になります。Galaxy A8+(2018)は 5.6 インチ、Galaxy A8+(2018)は 6 インチの Super AMOLED ディスプレイを採用しており、解像度はどちらも 2,220 x 1,080 ピクセルとなっています。インフィニティディスプレイを採用したベゼルレス構造のおかげで、Galaxy A8(2018)のサイズは 149.2 x 70.6 x 8.4mm / 172g、Galaxy A8+(2018)のサイズは 159.9 x 75.7 x 8.3mm / 191g と、5 インチ / 5.5 インチ端末並みのスリムさを実現しています。フロントカメラは AF をサポートしていませんが、1,600 万画素 + 800 万画素でどちらも F1.9 の明るいレンズを採用しています。リアカメラは 1,600 万画素 + F1.7 レンズのシングル構成です。カメラの下には指紋リーダーが付いています。OS は Android Oreo ではなく Android 7.1.1 Nougat で発売されます。また 2.2GHz 駆動のオクタコアプロセッサや 4GB RAM、32GB / 64GB ROM、Micro SD スロットを搭載しています。バッテリー容量は Galaxy A8+(2018)が 3,000mAh で、Galaxy A8+(2018)が 3,500mAh で、USB Type-C の USB コネクタは急速充電にも対応しています。通信機能は Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth 5、NFC、MST、ANT+、LTE Cat 11 に対応しています。Source : Samsung

■関連記事
Google、モバイルデバイスでの検索を改善するためにモバイルファーストのインデックス作成を開始へ
Huawei、CES 2018で米大手キャリアからのスマートフォンの発売を発表へ
Google、Androidエミュレーターを高速にブートさせる「クイックブート」を正式リリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy