体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

謎”のテーマパークいよいよ全貌明らかに!カズレーザーから挑戦状も

新宿歌舞伎町に、世界初・国内最大となる“謎”のテーマパーク「東京ミステリーサーカス(TMC)」が12月19日(火)にオープン。これに先駆けて14日、記者発表会が行われました。

同施設を手掛けるのは「リアル脱出ゲーム」を展開する株式会社SCRAP(渋谷区/加藤隆生代表取締役)。加藤氏は「小さい時から物語の中に入れたら毎日が楽しいと思っていた。TMCは何度も謎の物語を体験できる場所」とあいさつ。このほど合同会社TOKYO MYSTERY CIRCUSを立ち上げ、歌舞伎町をミステリーで包み込みます。

共同運営会社として参画したのは株式会社イープラス、株式会社Cygames、株式会社ニッポン放送の3社。インバウンド事業に注力しているイープラスの倉見尚也社長は「外国人観光客も多い歌舞伎町というマーケットで、集客に貢献していく」と話します。また、ゲームアプリで人気を博しているCygames近石愛作取締役は「当社のコンテンツもTMCに展開していく」と発表。

以前からSCRAPと共同事業を実施していたニッポン放送の岩崎正幸社長は「夢のあるプロジェクトに参画できて嬉しく思う。来年度の新入社員研修をTMCで実施しようか」と語り、会場を沸かせていました。 

メイプル超合金の絡みにTMC団長「くまっキー」ピンチ! ゲストとして登場したのはお笑いコンビ、メイプル超合金。赤い衣装でお馴染みのカズレーザーは、謎を意識したのか真っ赤なシルクハットとトレンチコート、そしてなぜか長いステッキを持って登場しました。相方の安藤なつは、一緒に登壇したTMCの団長を務めるくまっキーのフォルムを見て、「シルエットがほぼ一緒」とジャブで笑いを誘います。

加藤氏から「くまっキーは何かを隠すのが好き」という説明を聞くと、カズレーザーは「所得とかも隠してるんじゃないですか!?」とらしさ全開。さらにくまっキーの鼻が鍵穴になっていることを知るやいなや、2人は強引に手を突っ込み加藤氏が慌てて止めに入っていました。

先行してTMCのリアル脱出ゲーム「ある刑務所からの脱出」を体験してきたというメイプル超合金。安藤なつは「あっという間だった。入口から既に面白かった」と話していました。一方、頭脳明晰で知られるカズレーザーは「失敗した。まだだいぶ混乱している」と語りました。

また、集まった報道陣に対しカズレーザーから謎解きが出題。暗号のような紙を見せ「ガラケーじゃ無理かも。あと我々のネタがヒント」と投げかけました。

TMCの魅力について聞かれた2人。安藤なつは「密室で一緒にいる人と距離が縮まる。クリスマスも近いし、手当たり次第男性を連れ込みたい」とアピール。カズレーザーは「誰と来ても楽しい。自宅から徒歩圏なのでそれが魅力」と最後までスタンスを崩しませんでした。日経トレンディ (TRENDY) 2018年1月号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。