体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バンドハラスメント、完売のツアーファイナルで熱狂のステージ

バンドハラスメントが、12月16日に名古屋GLOWにて『僕と少女の解剖ツアー』のファイナル公演を開催した。このツアーは、10月にリリースした最新シングル「解剖傑作」を携えて、鹿児島、大分、福岡、神戸、大阪、渋谷、名古屋の全7箇所を巡ったもの。 初の地元名古屋での開催となるワンマン公演は、ソールドアウトにて迎えた。
12月16日@名古屋GLOW (okmusic UP's)

「ありがとう。君がいて僕がいて、こんな新しいライブハウスができました。そんなライブハウスで大切な曲を」と真剣な面持ちで添えた井深(Vo)の言葉でライヴがスタート。初めての流通盤シングルから「君がいて」を披露。会場は熱気に包まれる。続いて「脇役」「大人になるために」と序盤からハイテンションなパフォーマンスで場内を盛り上げた。 開演早々から沸点越えの高揚感に包まれた名古屋GLOW満場のオーディエンスが熱い歓声を上げる。

会場の一体感を高めたあとの「アリバイパリナイ」では音に乗せて会場が最大に揺れ、井深(Vo)のパワフルな歌声が響きわたった。まだ音源化されていない新曲も披露され、オーディエンスを喜ばせた。 そして引っさげてきたこのツアーのメインナンバー「解剖傑作」と「一人隠れんぼ」を続けて歌い上げた。ファンへの感謝の思いが述べられたあと、初の全国流通盤となった1stミニアルバム『エンドロール』のリード曲「サヨナラをした僕等は2度と逢えないから」を披露。そして彼らにとって大切な楽曲、彼らの代表曲とも言える「君と野獣」へ。 多幸感あふれる盛大なシンガロングを巻き起こし、愛溢れるグルーヴが会場を包み込んだ。照明が落ちてしまうトラブルがあったが、会場全員の携帯のライトに照らされ、ファンに支えられながら温かくツアーファイナルを締めくくった。

【セットリスト】

1.君がいて

2.脇役

3.大人になるために

4.アリバイパリナイ

5.BRiNG ME DOWN

6.現実ハラスメント

7.新曲

8.一人隠れんぼ

9.解剖傑作

10.サヨナラをした僕等は2度と逢えないから

11.君と野獣

-アンコール-

12.9月4日
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。