体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20年間の公務員生活から起業!その時、妻の思いがけない一言「○○するね!」【挑戦者を支えた「家族」の葛藤】角勝さん前編

もし、企業に勤めている家族に突然「起業したい」と打ち明けられたら、皆さんはどうしますか。これからの生活を考えて反対する人もいれば、志を感じてすぐ賛成する人もいるのではないでしょうか。たとえどんな結論を出したとしても、そこへ至るまで家庭ではさまざまな葛藤や話し合いがあったはず。

この連載では「挑戦したパートナー」を家族がどう支えたのか、ご本人に取材してお話をお聞きしています。

第2弾に登場するのは、20年間の大阪市役所勤務を離れて起業を果たした株式会社フィラメント 代表取締役CEOの角勝さんと、妻の志保さんです。現在の角さんは新規事業提案や関連するコンサルティング、オープンイノベーションイベントの企画運営などを手がけています。

安定性抜群の市役所勤務から、なぜ角さんは起業に踏み切ったのか。そのとき志保さんとはどんなお話をしたのか。同じようにサラリーマン生活から起業し、フィラメントでもアイデアソン・ハッカソンに取り組んでいる羽渕彰博(ハブチン)さんが起業の裏話を伺いました。

f:id:kashiemi:20171212145555j:plain

角 勝さん (左)

1972年島根県生まれ。1995年に大阪市役所に入庁。鶴見区役所税務課固定資産税係からキャリアをスタートさせ、1999年以降は福祉局で総務、介護保険、高齢者福祉、障害者福祉の業務に従事。2008年に市政改革室、2010年に都市計画局に配属。2012年に科学技術振興担当として大阪イノベーションハブの立ち上げを担当以降、多くの企業、起業家、自治体とのつながりができる。2015年3月に大阪市役所を退職、9日後には早くも株式会社フィラメントを設立した。

Facebook Filament Inc

角 志保さん(右)

1974年生まれ。1997年に大阪市役所に入庁、福祉局勤務時に勝さんと出会い、2008年3月に結婚。2010年3月に長女、2014年8月に長男を出産。福祉局と区役所での勤務を合わせて13年間生活保護を担当し、その知識と経験は夫からも一目置かれている。現在も時短勤務制度を活用しながら市役所職員として勤務し、子育てと仕事を両立させている。

羽渕 彰博(ハブチン)さん

1986年大阪府生まれ。2008年パソナキャリア入社後は自社新規事業立ち上げに従事しつつ、アイデアを短時間で具現化する「アイデアソン・ハッカソン」のファシリテーターとしても活躍。2016年4月に独立し株式会社オムスビを設立した。

株式会社フィラメントのイベント・メディア事業部長としても活動している。

Facebook Akihiro Habuchi

20年間の市役所勤務を辞めて、なぜ起業したか

ハブチンさん 僕は、角さんが市役所職員として大阪イノベーションハブを盛り上げていた2013年に知り合ったんですよ。それから2年後に起業の話を聞いて、まず「20年間も大阪市役所に勤めていた人が退職して起業した」というのが衝撃的でした。普通は辞めないじゃないですか。

勝さん 市役所には1995年に入庁して、区役所で固定資産税係、その後、福祉生局に異動しました。役所はだいたい3~4年のスパンで異動があるので、どの部署に行ってもみんな「そのうち異動する」という感覚なんですよ。2008年に異動した市政改革室は当時、大問題になっていた大阪市職員の厚遇問題を受けて、市役所全体のコストカットのために作られた部署でした。

ハブチンさん 調整力を求められる大変な部署ですね。

勝さん ええ。でも次に移った都市計画局は別名「大阪市の頭脳」ともいわれるセクションで、スマートな人たちばかりで調整関係の仕事がすごく楽になったんですよ。やっとそこで精神的な余裕が出てきた。その頃、長女も生まれました。この子を見ながら自分の仕事を振り返ったとき、急にそれまでの考えが全部つながったんです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。