体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知念侑李(Hey! Say! JUMP)主演映画『坂道のアポロン』主題歌は小田和正の書き下ろし

知念侑李(Hey! Say! JUMP)主演映画『坂道のアポロン』主題歌は小田和正の書き下ろし

 小田和正が、2018年3月10日全国公開の映画『坂道のアポロン』の主題歌として、新曲「坂道を上って」を書き下ろした。

 本映画は、友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する 10年間を描いた感動作で、「第57回小学館漫画賞一般向け部門」受賞、「このマンガがすごい!オンナ編」第1位に輝いた、人気漫画家・小玉ユキによる名作コミック『坂道のアポロン』の実写化作品。単独初主演となる知念侑李(Hey! Say! JUMP)、共演に中川大志、小松菜奈、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀、山下容莉枝、ジャニーズ Jr./SixTONESの松村北斗、野間口徹ら、実力派キャストを迎え、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)がメガホンを取る。

 そんな本映画の主題歌が小田和正の新曲「坂道を上って」。古希を迎えてもなお、唯一無二の存在感で全世代に愛され続ける小田和正が同作のためだけに書き下ろした新曲は、作品に寄り添いながら、懐かしく、そして切なさが込み上げてくる楽曲となっている。

◎小田和正コメント-コメント
ボクの高校も海を見下ろす高台にあったので、やはり坂道を上って通っていました。
中学高校と6年間。で、この曲を書きながらその頃のあれこれを思い出すことになりました。
参考までにと見せてもらった「坂道のアポロン」は素晴らしく、特に演奏の場面はスタッフの音楽に拘る気持ちが伝わって驚くほどの仕上がりでした。
自分の書く曲が映画制作に携わった人たち、見る人たちの想いに少しでもそうことが出来れば嬉しいです。

◎プロデューサー(C&I エンタテインメント 八尾香澄)-コメント
小田和正さんの紡ぐ、優しさや温かさ、心に深く刺さるストレートなメッセージがこの映画に必要だと感じ、オファーしました。
企画段階で、原作者の小玉ユキさんから連載中に聴いていたのが小田さんやオフコースの曲であった、
というお話も聞いており、オファーするのはまさに運命だと感じておりました。
この映画に込めた”青春の喜び”と、10年、20年、50 年と残る一本にしたいという想いを伝え、快諾いただきました。
曲が完成し、初めて聴いたとき、メロディの美しさと歌詞の世界がまさに「坂道のアポロン」そのもので、驚き、感動し、思わず涙してしまいました。
是非映画館でエンドロールの最後まで楽しんでいただきたいです。

◎公開情報
映画『坂道のアポロン』
2018年3月10日(土)全国ロードショー
出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹 中村梅雀 ディーン・フジオカ
監督:三木孝浩
脚本:高橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊) 製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

関連記事リンク(外部サイト)

小田和正『クリスマスの約束』 ムッシュかまやつの名曲メドレー披露! 番組の大ファン熊木杏里も初登場
【ビルボード】Hey!Say!JUMP初のベスト盤が総合アルバム首位に、ミスチルはダウンロード1位に再浮上
【ビルボード】Hey!Say!JUMP初ベスト『Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O』が317,994枚を売り上げ、大差でアルバム・セールス・チャート首位

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy