体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気ユーチューバーの広告収入はどれくらい?

人気ユーチューバーの広告収入はどれくらい?

なぜYouTubeにはハイクオリティな動画が日々アップされるのでしょうか。その理由は、動画を公開して審査に通ると広告収入がもらえること。公開した動画の広告収入で生活する「ユーチューバー」というユーザーが世界各国にたくさんいるからです。ユーチューバーはどれくらいの広告収入を得ているのでしょう。

ユーチューバー収入は1再生0.1円

ユーチューバーの広告収入は、基本的に再生回数に応じて変わります。さらに、動画の内容や視聴者の行動履歴によっても収入は変動。動画が1回再生されると0.04円~0.24円といわれ、平均的には1再生あたり0.1円の収入が得られるのです。

つまり、10回再生されてようやく1円になるということ。それでもユーチューバーがYouTubeの広告収入で生活できるのは、全世界で毎月10億人以上がアクセスし、60億時間以上視聴されるという圧倒的な規模にあるのです。

日本国内での登録者数トップのチャンネルは「はじめしゃちょー」です。チャンネル登録者数は約560万人を超えています。中高生を中心にアイドル並の人気を集めているユーチューバーです。

ユーチューバー収入は5億円超え

はじめしゃちょーのチャンネルには1,500本あまりの動画が登録されており、再生回数はすでに44億回を超えているほどです。このためユーチューバーとしての広告収入は、5億円を超えるといわれています。

チャンネル登録者数第2位の「HikakinTV」は530万人オーバー、広告収入は約4億円です。マネジメント会社UUUMが上場した際には、ストックオプションで4,000万円程度の資産を手にしたといわれています。

YouTubeにクオリティの高い動画がアップされるのは、もちろん利便性の高いプラットフォームという側面は大きいでしょう。とはいえ、ユーチューバーにとって一攫千金を狙える魅力的なメディアであることも間違いないのです。

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy