体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オセロ日本一の現役東大生・栗田誠矢「経験こそが先を読む力になる」

オセロ日本一の現役東大生・栗田誠矢「経験こそが先を読む力になる」 オセロ日本一の現役東大生・栗田誠矢「経験こそが先を読む力になる」 オセロ日本一の現役東大生・栗田誠矢「経験こそが先を読む力になる」シンプルなルールで、子どももできるボードゲーム「オセロ」。今年7月に開催された「第45回全日本オセロ選手権」で優勝を果たしたのが、現役東大生の栗田誠矢くん。10月に放送されたバラエティ番組『天才キッズ全員集合 君ならデキる!!』(フジテレビ系)にも出演し、オセロの普及に貢献している栗田くんに、試合で勝つためだけでなく日常にも役立つ“先を読む力”を養う術を教えてもらいました。

 

突然逆上がりができるようになるのと似ていて、急に展開が見えるようになった

オセロ日本一の現役東大生・栗田誠矢「経験こそが先を読む力になる」「オセロを始めた頃は、小1の頃から通っていた空手の方が好きでした(笑)」

――栗田くんが、本格的にオセロを始めたのはいつ頃なんですか?

小学3年生の時です。地元の商店街で、オセロの多面打ちをしていたんですよ。多面打ちは、盤を5つくらい並べて、上級者1人対お客さん5人で、5つの対戦を同時進行するイベントなんですけど、お客さん側で参加して、ボコボコにされました(笑)。その時に「オセロって奥が深いんだな」って興味を持って、オセロの本を読んで、練習し始めました。

――初めて大会に出場したのは、いつですか?

小学4年生の時に、親が小学生だけの大会に出してくれました。その時優勝はできなかったけど、2位になれたんです。その時点で初心者には負けないくらい、オセロを研究していましたね。

――始めて1年で2位って、すごいですよね!?

最初はすごくヘタだったんですけど、練習を重ねるうちに、突然強くなった感覚がありました。逆上がりが突然できるようになる感覚と似ていて、急に次の手や展開が見えるようになったんです。小6の時に、小学生の日本一になりました。オセロ日本一の現役東大生・栗田誠矢「経験こそが先を読む力になる」練習を積み、万全な状態で掴みとった小学生日本一。「父は『才能があるんじゃないか?』とか言ってました(苦笑)」

――中学生になっても、オセロを続けたんですか?

続けました。中学生から、大会で大人に混ざるんですけど、当時はトッププレイヤーと比べたら実力がなかったので、常に奇襲をしかけていましたね。自分でしかけた後の展開を研究しておいて、勝ち進んでいました。それからある程度実力をつけて、高1の時に、日本一を決める「王座戦」で初めて優勝しました。実は、今年の全日本オセロ選手権での“日本一”は二度目なんです。

 

知識や経験を重ねると、先を読む力になるし、選択肢も増える

オセロ日本一の現役東大生・栗田誠矢「経験こそが先を読む力になる」

――オセロで勝つために、必要なスキルは?

オセロが他のボードゲームと比べて特殊な部分は、盤面をイメージする必要があることです。自分がひっくり返した石によって、相手がどこに置けるようになるか、ちゃんとイメージしないと有利に進められません。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy