体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男女別・年代別の人気モデルランキングを発表!【カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー】

▲中古車の人気ランキング「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー」。本記事では男女別・年代別の人気モデルを発表します!

▲中古車の人気ランキング「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー」。本記事では男女別・年代別の人気モデルを発表します!

カーセンサーが保有する膨大なデータをもとに、中古車市場でユーザーの購入意欲が高かった車種が何かを探る「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー」。今回はマツダ RX-8が1位に輝いたが、ユーザーの属性別で見ると結果はどうだろうか。そこで、本記事ではユーザーの属性別にランキングを発表! 男女別、年代別で上位にランクインした人気モデルを紹介しよう。

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018のランキングはこちら

男女別ランキングでは、女性人気が軽に集中!

男性

1位 マツダ RX-8(初代)

2位 トヨタ アルファード(現行型)

3位 スバル フォレスター(現行型)

▲全体ランキング1位のRX-8は、男性ランキングでも1位に。ロータリーエンジンを搭載していることや観音開きのドアが特徴的な車だ

▲全体ランキング1位のRX-8は、男性ランキングでも1位に。ロータリーエンジンを搭載していることや観音開きのドアが特徴的な車だ

女性

1位 スズキ アルトラパン(初代)

2位 スズキ アルトラパン(現行型)

3位 ダイハツ ムーヴキャンバス(現行型)

▲女性ランキングでは、うさぎのモチーフが印象的なアルトラパン(初代)が1位に輝いた。初代は流通量が2000台以上と豊富で、大半が予算50万円以下で狙える

▲女性ランキングでは、うさぎのモチーフが印象的なアルトラパン(初代)が1位に輝いた。初代は流通量が2000台以上と豊富で、大半が予算50万円以下で狙える

男性ランキングは、カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤーと大差ない結果となったが、女性ランキングはまるで違う結果に。なんと、1~11位すべてが軽自動車だった。女性は小さくて扱いやすい車を求める人が多いようだ。また、アルトラパンやムーヴキャンバス、4位以下にもミラジーノやモコ、ミラココアなど、可愛らしいモデルが上位にランクインしているのも特徴的だ。

年代別ランキングでは、家族形態に合わせて選ぶ車が変化

10代

1位 マツダ RX-8(初代)

2位 日産 シルビア(3代目)

3位 スバル レガシィB4(初代)

20代

1位 マツダ RX-8(初代)

2位 マツダ アクセラスポーツ(現行型)

3位 トヨタ 86(現行型)

30代

1位 三菱 デリカD:5(現行型)

2位 トヨタ アルファード(現行型)

3位 トヨタ ハリアー(現行型)

40代

1位 トヨタ ヴェルファイア(現行型)

2位 トヨタ アルファード(現行型)

3位 三菱 アウトランダーPHEV(現行型)

50代

1位 日産 リーフ(初代)

2位 BMW 3シリーズ(現行型)

3位 BMW 3シリーズ(3代目)

60代

1位 三菱 アウトランダーPHEV(現行型)

2位 レクサス HS(現行型)

3位 日産 リーフ(初代)

70代

1位 メルセデス・ベンツ Sクラス(現行型)

2位 三菱 パジェロイオ(初代)

3位 メルセデス・ベンツ CLSクラス(現行型)

年代別に見ると、10~20代ではRX-8やシルビアといった比較的低予算で狙えるスポーティな車が上位を占めている。それほど車にお金はかけられないが、スポーツカーに乗りたいという人が多いのかもしれない。

30~40代ではミニバンとSUVが上位を独占し、10~20代とは車の系統がガラリと変わる。結婚して子供ができるなどして家族の人数が増えたことにより、ボディサイズの大きい車に乗り替えているのだろう。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。