体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

有馬記念とモンハンのコラボ!AKB横山由依・岡田奈々と小峠英二・西村瑞樹が大はしゃぎ

キタサンブラックか、シュヴァルグランか。どの馬が、年の瀬のG1「有馬記念」を制するか―――。

そんなニュースが流れるいま、モンハン最新作『MONSTER HUNTER: WORLD』と有馬記念がコラボしたスペシャル企画「MONSTER HUNTER: ARIMA」が動き出している。

この「MONSTER HUNTER: ARIMA」は、『MONSTER HUNTER: WORLD』に登場するモンスターを撃退し、自分のサラブレッドの装備を強化していく「MONSTER HUNTING」や、その強化したサラブレッドでオンライン上のユーザーと1対1の対戦ができる「MONSTER RACING」など“やり込み必至”な内容で構成。

「MONSTER HUNTER: ARIMA」の世界観は

この「MONSTER HUNTER: ARIMA」をリアルな空間で体感できるスペース「MONSTER HUNTER: ARIMA@AKIHABARA」(12/18~22)が、東京・秋葉原のベルサール秋葉原に出現。

会場には、モンスターを仲間といっしょに撃退し、特設サイト内で使用できる装備の素材をGETできる「MONSTER HUNTING RIDE」や、特設サイトと同時開催でレースの勝者を予想する「MONSTER GRAND PRIX」などを展開。

そのオープンイベントに、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二・西村瑞樹、AKB48の横山由依・岡田奈々が登場。オープン直前に、メインアトラクションとなる「MONSTER HUNTING RIDE」に挑戦した。

仲間と闘い、限定装備をゲットだ!

AKB48の横山由依・岡田奈々は、ハンターやジョッキーの格好で登場し、メインアトラクションの「MONSTER HUNTING RIDE」に挑戦。

「やっと二十歳になって20、馬券を買える歳になった。これから競馬も楽しみ」という岡田奈々が、ハンターの格好でライドゲームにまたがれば、ほか3人もつられるように「よっしゃ、やるか!」と。

ゲームに勝てば、「バイキングシシムラメンコ」「バイキングコトウゲクラ」「ナンテヒダ!テイテツ」といった限定装備をゲットできるとあり、“モンハン常習者”の西村瑞樹はとくに興奮。メディア発表会であることを忘れるほど、ゲームに夢中に……。

「インスタ映えをここで狙ってもいい」

モンハンのアイルーの着ぐるみで登場した小峠英二は、興奮する“モンハン常習者”西村瑞樹を横目にこう言い放っった。

「西村のバーターという、この世で一番情けない、恥ずかしい仕事ですけどね。でもおもしろいですね。この格好ってあれでしょ、センター街にいるヤツらでしょ。もうこのままセンター街に行こうと思います」

また、「競馬場には、父親に連れていってもらったことがある。ジョッキーの姿を体験できてうれしい」と語った横山由依に、競馬好きを自称する西村瑞樹が、「会場には流行りのインスタ映えしそうなスポットがいろいろあるから、ことし最後のインスタ映えをここで狙ってもいいですよね」と続いた。

「MONSTER HUNTER: ARIMA」について詳細は、特設サイトへ。そして「MONSTER HUNTER: ARIMA@AKIHABARA」(東京・秋葉原 12月18~22日)に続き、「MONSTER HUNTER: ARIMA@東京競馬場」(東京・府中 12月23・24日)、「MONSTER HUNTER: ARIMA@中山競馬場」(千葉・船橋 12月28日)など、リアルイベントも続くので、こちらもあわせてチェックを!

 週刊Gallop臨時増刊 有馬記念60年史
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。