体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

行程表を作って1日中楽しんだ!親子で大興奮のアンパンマンミュージアム

f:id:akasuguope01:20170812072235j:plain

娘は生粋のアンパンマンファンです。現在3歳になりましたが、アンパンマンファン歴は2年以上です。その間、全国各地のアンパンマンこどもミュージアム&モールへ出かけました。店舗はほぼ制覇しています。

場所によって違った雰囲気や楽しさがあり、わが家にとって満足度の高いスポットです。そのなかでも娘のお気に入りが「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」です。2歳を目の前にして出かけたこともあり、記憶がしっかり残っているからかもしれません。

私が出かける前に必ず行うのが「遊ぶプランを考えること」です。アンパンマンといっしょにおどって楽しめるステージや工作教室などのイベント時間を調べ、わが家なりの行程表をつくるのが定番。せっかく行くので120%楽しみたいのがわが家のモットーなのです。

開館前にミュージアムへ到着すると、出迎えたくれたのはアンパンマンと仲間たちでした。朝から親子で大興奮です。喜ぶ娘の姿を記録に残そうと、常にカメラは手放せません。 関連記事:1歳5か月の息子と東京ディズニーランドデビュー! 親も子もストレスなく楽しむコツ

あっという間にお昼になり、予定をしていたレストランで食事をしました。店内のBGMはもちろんお馴染みのアンパンマンの曲。メニューもワクワクするような可愛いアンパンマンランチ。値段は張りますが、ここでしか味わえない楽しみがあると感じます。

食事を終えたあとは、娘のお昼寝です。旅行と言えども、なるべく生活のリズムを崩したくありません。ベビーカーで寝させたあと、行程表どおり親のお楽しみタイムが始まりました。ミュージアム限定グッズやお土産を購入するなど、ショップ散策をして楽しみます。娘のお昼寝が終わると、体を動かして遊べる場所へ向かいました。

娘が夢中になって遊んだ場所はボールで遊べる場所です。自分の身体より大きいアンパンマンボールを両手で抱え、なんども転がして遊んでいました。やわらかく程よく跳ねるボールなので、小さい子どもにも扱いやすかったです。ただ大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんもいるので危なっかしい場面も。親の見守りは必須だと感じました。

旅の終盤にうれしいことがありました。ミュージアム内のカフェでくつろいでいると、なんとアンパンマンがやってきてくれたのです。突然のことに娘はビックリして泣き顔に。握手をしたり、抱きしめてもらうなど大サービスをしてくれました。

ミュージアムを後にするときは、コキンちゃんが手をつないで見送ってくれたサービスにも驚き。憧れのキャラクターたちと触れ合うことができ、娘の記憶に奥深く刻み込まれたのでしょう。3歳になった今でも「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」に行きたい!と言っています。 関連記事:もっとたくさん旅行しておけばよかった!育児休暇中こそ思い出をたくさん作るべし!

f:id:akasuguope01:20170722213332j:plain

著者:ヤングマン

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳、6歳

3歳の娘が幼稚園に入園し、ようやく一息つけるようになりました。自分の時間が持てる幸せを噛みしめている今日この頃です。心に余裕が持てると、育児や家事が効率よく回せる気がします。週末は家族そろって外遊びに夢中です。アラフォーママですが、子どもの元気についていけるよう日々奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

突然の雪で車が立ち往生。ハプニングから始まった、はじめての赤ちゃん連れ家族旅行
家事から解放される極楽を追い求めし親たちの冒険。子連れ旅行クロニクル(年代記) by うだひろえ
初めての帰省

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。