体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米ロッキード・マーチン、ビジネス用超音速ジェット開発に参画

航空機・宇宙船開発を手がける米国のロッキード・マーチンは、ビジネス用の超音速ジェットの開発に乗り出す。

このほどプライベートジェット開発のアエリオンとパートナーシップを締結したと発表。2023年までに初フライトを行うとしている。

・エンジンはGEが協力

アエリオンはすでに超音速ジェットAS2の開発を進めていて、ここにロッキード・マーチンが加わる格好だ。

エンジンの設計では米ゼネラル・エレクトリック(GE)が協力。ロッキード・マーチンとは今後のエンジニアリングから生産までを協力して行う。

・リッチ層向け

アエリオンとロッキード・マーチンが共同開発する超音速ジェットは、ビジネス客の利用を想定している。

現在、旅客機のファーストクラスやプライベートジェット機を利用して世界をまたにかけているリッチ層に、素早く移動できる手段を提供するというものだ。

・加熱する超音速開発

超音速ジェットといえば、2003年に退役したコンコルドがあるが、ここへきて航空ベンチャーやNASAが超音速ジェットの開発に乗り出すなどにわかに熱を帯びてきている。

ここに、戦闘機や軍用輸送機を手がけてきたロッキード・マーチンが加わることで、超音速ジェットの開発競争はさらに加熱しそうだ。

Lockheed Martin

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。