体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展

1712181
イヴ・タンギー《風のアルファベット》1944年、横浜美術館蔵

展覧会『横浜美術館コレクション展 全部みせます!シュールな作品 シュルレアリスムの美術と写真』が、神奈川・横浜美術館で開催中。会期は、2018年3月4日(日)まで。

本展では、油彩画やコラージュ、彫刻、版画、写真など同館所蔵のシュルレアリスムの作品を3つの展示室を使って一挙公開する。
紹介作家は、ルネ・マグリット、ポール・デルヴォー、サルバドール・ダリ、マン・レイ、マックス・エルンスト、ジャン・アルプ、ジョアン・ミロ、アンドレ・マッソン、ロベルト・マッタ、オスカル・ドミンゲス、ハンス・ベルメール、インドリッヒ・シュティルスキー、ヴォルスら。
写真展示室では、同時開催の企画展『石内 都 肌理(きめ)と写真』に関連して、石内の初期の代表作『絶唱、横須賀ストーリー』の55点も展示する。

横浜美術館コレクション展
『全部みせます!シュールな作品 シュルレアリスムの美術と写真』
2017年12月9日(土)~2018年3月4日(日)
会場:神奈川県 横浜美術館
時間:10:00~18:00(3月1日は16:00、3月3日は20:30まで、入館は閉館の30分前まで)

休館日:木曜(3月1日は開館)、12月28日~1月4日

料金:一般500円 大学・高校生300円 中学生100円
※小学生以下無料
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方1名は無料

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。