体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2020年型のポップミュージック。踊Foot Worksが大晦日のデイタイムイベントを開催

踊Foot Works

2016年末の結成後、今年3月に1stアルバム『ODD FOOT WORKS』をリリース以降、耳の早いリスナーのみならずミュージシャンらにもその存在と音が広がっていった踊Foot works。
5月の初ライブを皮切りに、夏にはフジロックにも出演し、自主企画イベント「TOKYO INV.」ではRyohuやLEO今井、MONO NO AWAREらと共演。さらにはペトロールズのカバー企画『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?? – EP』にも参加。
「もっとPOPをDOPEに、ずっとDOPE POPに」をテーマに掲げ、ヒップホップをベースに、生バンドのグルーヴを活かしクリエイトする彼らの音楽像。それは、2020年型のポップミュージックと呼ぶにふさわしい求心力を誇っている。
そんな踊Foot Worksが、WOMBとタッグを組み大晦日のデイタイムに開催する「Arukeba Gravity 2017-2020」。
2017年の踊Foot Worksの集大成をぜひお見逃しなく。

現在、ゲストにはimai(group_inou)と、SANABAGUN.、ザ・スロットルのフロントマンである高岩遼のジャズライブが決定。全ライブアクトが360度センターステージで行われるという、各アーティストの貴重なパフォーマンスをぜひ楽しんでほしい。

高岩遼 imai

「Arukeba Gravity 2017-2020@WOMB大晦日LIVE」
OPEN:15:00 START: TBA CLOSE:19:00 | ADV : ¥3,000(入場時別途ドリンク代500円)
踊Foot Works/imai(group_inou)/ 高岩遼(JAZZ SET)

http://www.womb.co.jp/event/2017/12/31/arukeba-gravity-2017-2020/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy