体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グッスリ寝る秘訣は◯◯をとること!

グッスリ寝る秘訣は◯◯をとること!
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。12月18日(月)のオンエアでは、“グッスリ眠れる方法”をご紹介しました。

睡眠専門医で、RESM新横浜院長の白濱龍太郎さんによると、グッスリ眠るためには、最も深い眠りの状態「深睡眠」をうまくとることが大事だそうです。

「脳と体の疲れが取れてグッスリ眠れる状態とは、深睡眠がよくとれている状態のことをいい、眠りについてから4時間以内に、深睡眠を2回以上とることが必要」とのこと。

深睡眠の間は、脳内に蓄積された「アミロイドβタンパク質」の除去や、体の機能を修繕させたり免疫力を高めたりする「成長ホルモン」の分泌が最も盛んに行われるそうです。この時間が多いほど、疲れが取れて病気になりにくい体になるとか。

「深睡眠は眠りについてから4時間以内に多く発生し、時間が経つにれて深睡眠の時間は短くなっていきます。睡眠の質、睡眠の良し悪しは、眠りについてから4時間以内にいかに深く眠るかが大事になります」(白濱さん)

しかも、深睡眠がきちんととれれば、脳と体の疲れが8割取れると言われているとか。逆に、よく眠れない、寝ても疲れがとれないという人は、深睡眠が不足していることが考えられるそうです。

そこで、自分がグッスリ眠れているか、睡眠の質の良し悪しを知るための方法を教えていただきました!

目が覚めたら寝たままの状態で、手首の血管が浮き出ている部分に人差し指と中指をグッと押し当て、脈の回数を計ります。グッスリと眠れている時は、通常よりも脈の回数が少なくなっています。

深睡眠の間には成長ホルモンが多く分泌され、肌の修復も活発に行われるとか。睡眠のリズムが整うことによっても成長ホルモンが多く分泌されるため、毎日できるだけ、同じ時間に眠り、同じ時間に起きることを心がけると良いそうです。

さらに、白濱さんいわく、美しい肌を手に入れる上で欠かせない、「エストロゲン」の分泌も睡眠によって左右されるとのことでしたよ!。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy