体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ZenFone Max Plus(M1)は日本に来そう、操作ボタンはオンスクリーンタイプに変更

最近ロシアで発表された ASUS スマートフォンの新シリーズ「ZenFone Max Plus(M1)」が来年 1 月に台湾などロシア以外でも発売され、さらに日本にも投入可能な B バージョンが存在することも分かりました。ZenFone Max Plus(M1)は 5.7-インチでアスペクト比 18:9 の縦長ディスプレイを搭載したこれまでの ASUS スマートフォンには無いデザインのスマートフォンで、解像度やメモリ容量、対応周波数などによって少なくとも 4 モデルが存在します。ディスプレイは 1,440 x 720 ピクセルの HD+ と 2,160 x 1,440 ピクセルの FHD+ で、メモリ容量は 3GB / 4GB RAM、内蔵ストレージは 32GB / 64GB ROM を搭載しています。ZenFone Max Plus(M1)には対応周波数によって A / B / C / D の 4 バージョンが存在しており、このうち B バージョンは FOMA プラスエリアや NTT ドコモの LTE をフルサポートするなど、現在国内で販売されている ZenFone 4 とほぼ同じ周波数帯をサポートしています。ZenFone Max Plus(M1)は日本に来る可能性が高いということです。ASUS の台湾法人によると、台湾では 2018 年 1 月に現地で発売される予定です。おそらくそれ以降に日本でも発売されると思います。ちなみに、ZenFone Max Plus(M1)は既存モデルと大きく異なり、ナビゲーションボタンがオンスクリーンタイプになっています。これはかなりの驚きです。Source : ASUSePrice

■関連記事
安倍総理が公式Instagramアカウントを開設
6インチ18:9ディスプレイのモンスターマシン「OnePlus 5T(A5010)」のレビュー
360Channel VR : Daydreamで豊富な360動画を視聴できるアプリ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。