体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DJ TAROが80'sの魅力を語る!

DJ TAROが80'sの魅力を語る!
J-WAVEで放送中の番組「SATURDAY NIGHT VIBES」(ナビゲーター:DJ TARO)。12月16日(土)のオンエアは、80’s特集!DJ TAROが80’sサウンドの魅力を語りました。

「80’sってどんなところが魅力なのか?」について、DJ TAROは「ロックがあったり、Run-DMCのラップがあったり、ディスコがあったり…。ジャンルとか細分化はあったんですけど、『80’sは80’s』」と話しました。つまり、「空気感が重要」という考えで「懐かしい曲として80’sを扱うべきではないな、と思ってるんです、僕は。空気感の近い音楽をジャンルとして80’sとして捉えていいんじゃないかと」と持論を展開。

さらにリスナーからも「(他の時代と比べて)80’sのほうがキザでロマンティックな印象を受けました」や「80年代の音楽はチャラチャラしている」という意見がありました。

それに対してDJ TAROは「チャラチャラじゃなくて、キラキラした感じはあるよ。インターネットのない時代に、『いろいろやってみないとわかんないじゃん』というポジティブなエネルギーが、音楽以外にもあったので、みんないい意味で前向きに挑戦していた時代。音楽もサウンドを構築する機材とか、シンセサイザーとかも、この当時に新しい技術が生まれてきて、いち早く取り入れてみようとしてた。すごく心に残るメロディが多いですよね。やっぱいいものはいい」とコメント。

また、「挑戦してきたらか、今聴くと恥ずかしいものもあるよ〜(笑)。でも、それもいい!」と続けました。番組を聴いていた若いリスナーからも「勉強のお供に」、「父が車内でかけてました」など、80’sに関するリクエストが寄せられていました。

オンエアでは、ヒット曲から懐かしの映画のサントラ曲まで、80’sの名曲を4時間たっぷりお送りしました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SATURDAY NIGHT VIBES」
放送日時:毎週土曜 23時−27時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/nightvibes/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy