体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞車は?

今年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞車は?
J-WAVEで放送中の番組「BRIDESTONE DRIVE TO THE FUTURE」(ナビゲーター:ピストン西沢・松嶋初音)。12月17日(日)のオンエアでは、12月11日(月)に行われた「2017−2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会の様子をお届けしました。

最初に、実行委員長の荒川雅之さんが「2017年も車に関する様々な出来事がありました。明るい話、楽しい話、また、残念なこともありました。そして本日、12月の恒例行事となる、日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考会で、この1年の間にデビューしたモデルを振り返り、良いかたちで2017年を締めくくることができればと考えております」と挨拶。そして選考は最終的にボルボとBMWの一騎打ちとなり、最終選考の結果、ボルボの「XC60」に決定しました!

この受賞を受け、ボルボ・カー・ジャパン株式会社の代表取締役社長、木村隆之さんへ西沢がインタビューを敢行!

木村:インポートカーの1番を狙っていましたが、望外の喜びです。これまで38年の歴史の中で、私どもの車の受賞歴は一度もございませんでした。その意味でも、今年は新生ボルボの代表車種「XC60」を少しでも知っていただこうという活動でした。
西沢:2016年のボルボ「XC90」でずいぶん評価が変わって、惜しいところまでいっていましたよね。だから、2017年は事前から選考委員へのアピール度も高く、最終的には取りこぼしがなかったのではないでしょうか。
木村:1人でも多くの方に新生ボルボを、ということが目的でしたので、広報部門だけではなく、いろいろな部門の人間がアピールしたことによって、このような結果に繋がったのではないかと思っています。

最後に木村さんは「他のブランドとは違う、ボルボらしい乗り心地と最新の安全を必ずご評価いただけると思います」とボルボ「XC60」の魅力を語ってくださいました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BRIDESTONE DRIVE TO THE FUTURE」
放送日時:毎週日曜 19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/drivetothefuture/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。