体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタローン、『クリード』続編の監督を若手に譲る

スタローン、『クリード』続編の監督を若手に譲る

『クリード チャンプを継ぐ男』続編の監督が決定したのだが、監督に決まったのは、シルヴェスター・スタローンではなく若手のスティーヴン・ケープル・Jrだった。

スタローンが、2015年に大ヒットしたクリードの2作目を監督すると発表した時、ファンは大いに喜んだ。しかし今回、スタローンに代わって、期待の新鋭スティーヴン・ケープル・Jrがメガホンを取ることになったと『バラエティ』誌が伝えている。

続編にはマイケル・B・ジョーダンとテッサ・トンプソンが再び登場し、同じ役を演じる。スタローンも同様だ。前作を監督したライアン・クーグラーは製作責任者の1人ではあるが、彼は現在『ブラックパンサー』(2018年3月1日に日本公開予定)を仕上げるのに忙しい。

スタローンは、「アドニス・クリードは、この世代の”挑戦”を体現しているキャラクターだ。私自身もそうだったが、監督は同世代であることが重要だと思う。より一層、同世代の共感を呼ぶストーリーにするためにね」とコメントしている。

ジョーダンも来年3月からメガホンを取る新監督を歓迎しているようだ。

Excited for Coogler to hand over the reins to Steven Caple, Jr. – our director for Creed 2! Can’t wait to bring you guys the next chapter of our story … coming at you November 2018. 👊🏾👊🏾 #Creed2
– Michael B. Jordan (@michaelb4jordan) 2017年12月11日

「クーグラーが『Creed 2』(原題)の監督にスティーヴン・ケープル・Jrを起用したというニュースを聞いて興奮している。次のチャプターに皆を連れて行くことが待ちきれないよ! 2018年11月の公開をお楽しみに!」

スティーヴン・ケープル・Jrにとって、この作品がメジャー初監督作品となる。スティーヴンは、インディペンデント映画『The Land』(原題)を監督。南カリフォルニア大学を卒業後すぐに手掛けた同映画が2016年にサンダンス映画祭で公開され、業界の目に留まったのだ。

『クリード2』(原題)は、2018年11月21日に全米で公開される。

スタローンは10月初め、この作品の続編を監督するとインスタグラムで宣言していたが、ジョーダンや製作会社の幹部らと話し合った結果、自らの身を引いたと伝えられている。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

トーニャ・ハーディング、自身の伝記映画『I, Tonya』を観て「満足」
AIが「ハリポタ」全7巻のデータを元に新作を書き上げ話題に
今年米国で最も検索された俳優トップ10が発表!
可愛過ぎる!英王子に丁寧にお辞儀する『スター・ウォーズ』BB-8【映像】
公開直前!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』プレミア上映での評価まとめ

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。