体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岡幸二郎、3年ぶりとなるアルバムで名作ヒロイン11人の女心を歌う

日本ミュージカル界を牽引する岡幸二郎が、12月20日に3年ぶりとなるアルバム『I Am What I Am ~私はアタシ~』をリリースする。今作は、名作ミュージカルの舞台に生きる11人の“ヒロイン”たちによる名ナンバーをラインナップ。『アニー』の「トゥモロー」や『レ・ミゼラブル』の「夢破れて」「オン・マイ・オウン」、『エビータ』の「共にいてアルゼンチーナ」など、劇中でヒロインたちが歌う女心を、岡の豊かな声量と表現力、持ち前のヴェルヴェットヴォイスで、女性を凌駕するセンチメントをもって歌いあげる。
岡幸二郎 (okmusic UP's)

今回のアルバムについて、岡幸二郎は「作品の中で、客席で観て触れて来た女性達の生き様が、異性の私の身体を通してどう表現されるか。今の私にしか出来ない“アタシ”を聴いてもらいたい」と語っている。2017年12月19日には、2018年3月に閉館となる名古屋・中日劇場にて『さよなら中日劇場 岡幸二郎 inミュージカルコンサート』が行なわれ、そこでは今回のアルバムのナンバーも歌唱予定とのことだ。
アルバム『I Am What I Am ~私はアタシ~』
2017年12月20日発売

COCQ-85413/¥3,000+税

<収録曲>

1.メモリー 『キャッツ』より

2.サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー 『クレイジー・フォー・ユー』より

3.私はイエスがわからない 『ジーザス・クライスト・スーパースター』より

4.オン・マイ・オウン 『レ・ミゼラブル』より

5.オール・フォー・ローラ 『ウーマン・イン・ホワイト』より

6.命をあげよう 『ミス・サイゴン』より

7.共にいてアルゼンチーナ 『エビータ』より

8.アイ・アム・ホワット・アイ・アム 『ラ・カージュ・オ・フォール』より

9.夢やぶれて 『レ・ミゼラブル』より

10.エニシング・バット・ロンリー 『アスペクツ・オブ・ラブ』より

11.トゥモロー 『アニー』より
『さよなら中日劇場 岡幸二郎 inミュージカルコンサート』
12月19日(火) 名古屋・中日劇場

18:30 START

出演:岡幸二郎

<ゲスト>

一路真輝

岩崎宏美 石井一孝 和音美桜 渡辺大輔

演奏:セントラル愛知交響楽団

指揮:西野 淳

制作協力:日本コロムビア(株)

http://www.chunichi-theatre.com/presents/2017/12/12gatsu5.html
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。