体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一周経験者6人に聞いた!トラブルから学ぶ「海外旅行保険」のススメ

世界一周経験者6人に聞いた!トラブルから学ぶ「海外旅行保険」のススメ

海外旅行の計画をたてる時、もちろん重要なのは旅行先ですよね?どのくらい行くのか、誰と行くのか、どの観光地を訪れるかは慎重に考えて決めるもの。

では、「海外旅行保険」はどうでしょう?筆者は大学の友達と海外のパッケージツアーに参加した際、行き先や計画を立てることに浮かれて保険についてはほとんど考えていませんでした。焦って一番安い保険に入ったのですが、なんと初日に飛行機が遅延して出発が翌日になることに。

 

私たちの加入した保険では、遅延による宿泊料などをカバーできていなかったため、空港で1泊する羽目になりました。

飛行機の遅延は、まだまだ序の口。世界一周を経験した旅人からトラブルを聞くと、ロストバゲージや盗難、紛失など様々な例が挙げられました。彼らは海外でどんなトラブルに遭遇したのか、そしてどのくらい保険でカバーできたのか聞いてみました!

※支払われた保険金に記載の補償項目はジェイアイ傷害火災のネット専用リスク細分型海外旅行保険「t@bihoたびほ」に加入した際に適用される補償項目名です。

※掲載しておりますトラブル例および支払われた保険金はジェイアイ傷害火災保険による支払い例ではなく、他損害保険会社にて対応されたものです。

 

100カ国訪れた旅丸shoさんの場合

キューバで盗難にあう

photo by sho

キューバで盗難に合い、iPhoneを盗まれました。ネット環境が悪く、被害にあった日に警察へ行きポリスレポートをもらって、ネットを使える場所を日本大使館で紹介してもらい、そこからメールで被害状況を英語で伝え(日本語キーボードがないため)、なんとか被害届けをもらいました。

■支払われた保険金:iPhoneの購入金額と同じ金額(約7万円)(携行品損害/生活用動産(長期契約用))

 

ペルーで鎖骨を骨折

photo by sho

骨折をした時は折れているとは思っていませんでしたが、病院へいく前に保険会社へ連絡し、最寄りの病院を探してもらい病院へ行くことに。レントゲンを撮ったところ、鎖骨が骨折していました。手術が必要とのことで、ペルーの医師に日本へ帰国し手術を受けた方がいいと言われた旨を記入した書類をもらい、飛行機のチケットを手配。骨折後、9日目で手術を受けました。

■支払われた保険金:ペルーから日本への航空券(15万円)、入院や手術、病院にかかった費用(70万円)、ペルーでの診察代は全て無料(通訳やタクシーを含む)(治療・救援費用)

 

コロンビアの国内線でロストバゲージ

photo by sho

空港で荷物がない事が発覚し、カウンターで詳細を確認したところおそらく積み忘れだと思われるが荷物がどこにあるかはわからないとのこと。その旨を保険会社に伝え、一旦荷物が届くまでの生活必需品を購入する事になりました。荷物は翌日の夕方に届きました。航空会社にはスペイン語で詳細を記入した書類をもらい、保険会社に提出しました。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。