体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JAXA宇宙飛行士・金井さんはかなりのオタク?Twitterの「アニメ名言」に注目

JAXA宇宙飛行士・金井さんはかなりのオタク?Twitterの「アニメ名言」に注目

 2017年12月17日、ソユーズMS-07で国際宇宙ステーション(ISS)に向かったJAXAの宇宙飛行士、金井宣茂さん。実はTwitterで時々アニメの名セリフをネタにしたツイートをしているのをご存知でしょうか?

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 宇宙飛行士は自分のTwitterアカウントを持っており、仕事の様子や日常についてツイートをしています。以前、国際宇宙ステーション滞在中に油井亀美也さん(@Astro_Kimiya)が無重量状態での動き方について、『機動戦士ガンダム』のモビルスーツ理論であるAMBACは理にかなっている、というツイートをして「宇宙飛行士がアニメのネタをつぶやいてる」と話題になりましたが、金井さんも負けてはいません。打ち上げ直前、自身のアカウント(@Astro_Kanai)で様々なアニメの名セリフをネタにしたツイートをしています。

 バイコヌールに到着して、最初のツイートが「フフ…この風、この肌触りこそバイコヌールよ!」。『機動戦士ガンダム』第20話「死闘!ホワイト・ベース」で、白兵戦による突撃を仕掛けるランバ・ラルがつぶやく「フフ、この風、この肌触りこそ戦争よ」を元ネタにしたセリフです。

フフ…この風、この肌触りこそバイコヌールよ!#アニメ名言 pic.twitter.com/nIPUg6G1UQ

— 金井 宣茂 (@Astro_Kanai) 2017年12月4日

 なぜランバ・ラルかというと、金井さんが搭乗するソユーズが、ランバ・ラルのモビルスーツ、グフの型番と同じ「MS-07」だから。このため、ソユーズMS-07に乗り込んでの最終確認(フィットチェック)では、あの有名なセリフ「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」をネタにした「MS-06とは違うのだよ、MS-06とは!」とツイート。ご存知の通り、ザク(ザクII)の型番はMS-06です。

JAXA宇宙飛行士・金井さんはかなりのオタク?Twitterの「アニメ名言」に注目フィットチェックに向かう金井宇宙飛行士(Image Credit:NASA)
JAXA宇宙飛行士・金井さんはかなりのオタク?Twitterの「アニメ名言」に注目「MS-06とは違うのだよ、MS-06とは!」(Image Credit:NASA)

自分たちが搭乗するソユーズ宇宙船MS-07号機の確認(フィットチェック)に行ってきました。

すでにこのセリフを予期している方も多数おられると思いますが、敢えて言わせてもらいます。
「MS-06とは違うのだよ、MS-06とは!」#アニメ名言 pic.twitter.com/bMngPOBtS3

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。