体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

背筋がシャンとする腕時計。もう、なんとなくで選ぶのはやめた

スマホが当たり前になったいま、腕時計って絶対に必要っていうわけじゃなくなりました。

でも、腕時計をつけていると気分がシャンとして背筋が伸びるし、時間をていねいに使える気がする。

だからこそ、 “ちゃんとした”時計を身につけていたい──。

そんな気分にぴったりな時計を見つけました。

1853年から世界中で愛されてきたスイスの老舗時計メーカー「TISSOT」

20171216_tissot02.jpg

普段使いする腕時計は、ストーリーのある上品な、でも背伸びしすぎないものが理想。

1853年の創業以来、愛され続けてきた「TISSOT(ティソ)」は、スイスを代表する老舗時計ブランドのひとつ。

特殊な素材、先進的な機能、細部にまでこだわりを持ったデザインでありながら、手の届きやすい価格で世界160か国以上に発信しています。

職人の仕事がていねいに反映されたティソの技術は、たとえばサッカーやラグビーといった”瞬間を極める”スポーツとも長い歴史を持っていて、オフィシャルタイムキーパーやグローバルパートナーとして活躍しているのだそう。

カジュアルからエレガントまで、いろいろなシーンに寄り添うデザイン

20171216_tissot03.jpg

そんななか、ティソ100周年という節目の年を記念して登場したのが、新作モデル「Tissot Heritage Banana Centenary Edition(ティソ ヘリテージ バナナ センテナリー エディション)」。

カレンダーや秒針を省き、クラシックなフォントの数字で、とことんドレッシーなスタイルを再現。

「バナナ・ウォッチ」と呼ばれる美しい曲線のスペード針とインデックスが、1800年代「アール・ヌーヴォー」が流行った当時のヨーロッパを彷彿とさせるような優雅で大胆な印象です。

20171216_tissot05.jpg

カジュアルからエレガントまで、どんなファッションでもアクセントとなってくれるのが、いちばんのお気に入りポイント。

職場で袖口からチラリとのぞかせるときも、パーティスタイルでアクセサリーと合わせるときも、それぞれのシーンに寄り添った表情でよりよい時間へとアップグレードしてくれそう。

もう身につけるモノは「なんとなく」で選ぶ時代じゃない

20171216_tissot04.jpg

もう、身につけるモノは「なんとなく」でチョイスするのではなく、背景や思想を理解したうえで、選びとる時代になりました。

昔から「腕時計を見れば、人となりがわかる」って言われるほど、腕時計ってその人のパーソナリティをあらわすもの。

今年のクリスマスは、自分へのプレゼントにティソの腕時計、いいかもしれません。

TISSOT

■ あわせて読みたい

PEACH JOHNのふわふわルームウェア。思わず頬ずりしたくなる
大人っぽさ満点。1枚でさらっと着たいZARA HOMEのルームウェア
日本の景色をイメージした和洋折衷なルームウェア。どこか懐かしさを感じる
GUのベロア素材ルームウェア。短めトップスでスタイル良く見える
映画のヒロインが着ていそう。優雅なムード漂うドレッシーなルームウェア
素肌にしっとりとなじむアイボリーに惹かれた。やさしい気持ちになれるルームウェア
1位は「Power」。2017年のファッション界でもっとも使われた言葉。みんな強さ求めてる

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。