体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「好きを仕事に」を副業で!買い物をサポートする「ファッションアテンダント」という働き方

「普段は百貨店で販売員をしているので、私の休みのタイミングに合わせていただくか、早番でしたら19時~21時までおつきあいできます」

「仕事が18時に終わるので梅田、難波、心斎橋であれば19時から2時間コースでおつきあいできます。 土日祝日休みなので1週間前くらいまでにオーダーいただければ調整できます」

「fashion attendant (ファッションアテンダント) 」というサービスがあります。

これは、洋服や靴、鞄、眼鏡などのアクセサリーの買い物につきあってくれる「ファッションが得意な人」をWeb上で気軽に探せるサービス。

利用希望者がサイトを訪問し、登録しているファッションアテンダントさんたちの細かいプロフィールやサービス提供できる時間帯・エリアなどの情報を見て、自分のニーズやフィーリングに合う人を指名。日程を相談し、一緒に買い物に行く、というものです。

登録しているアテンダントは現在200数十名。約3分の1がフリーランスや自営業で、約3分の2は会社に勤務している人だそうです。本業は、ファッション業界だけでなく、IT企業や人材企業など多彩。幅広い人が「ファッションが好きで、何らかの形で関わっていたい」と、アテンダントに登録しているのです。

いま女性に人気のサービス「ファッションアテンダント」とは?

サービスを運営する横路一樹さんは、ブランド古着屋の店舗経営やスタイリスト事務所の経営、Webマガジン編集長など、ファッション分野で10代後半から幅広く活動し、自身も映画のスタイリスト経験もある方。約3年前にこのサービスを立ち上げました。

f:id:kashiemi:20171214115516j:plain

横路さん「クライアントさんの5割は20~30代の女性。ニーズは多様で、『おしゃれな人に自分に似合う服を選んでほしい』『着こなしを教えてほしい』というのはもちろん、『一人での買い物はさびしい。好みや価値観が合う人とファッションの話をしながら買い物をもっと楽しみたい』という人も。また最近では、男性女性ともに、『婚活に向けて、異性に好印象を与えるファッションを見立ててほしい』というご依頼も増えています。プロのスタイリストに依頼するのはハードルが高いけれど、価値観の合う友達や憧れのお兄さんお姉さんに相談する感覚で、自分にはない視点でアドバイスをもらえる…というサービスを目指しました」

横路さんには、ユーザーが喜ぶサービスを提供するというだけでなく、アテンダントさんたちに対して「買い物経験とセンスという、目に見えない部分の価値をお金にしてあげたい」という想いもあります。

横路さん「ファッションの専門知識を学んでアパレル業界に入った方、接客が好きで百貨店やショップで販売経験を積んできた人、リスクを抱えブランドを立ち上げている方などが、十分な収入を得られていないという実情があります。そもそも業界の給与水準が低いですから。それでもファッションが好きでこだわりを持って取り組んでいる人たちに、副業的に、空き時間を使ったプラスアルファの収入を得られる手段を提供したいと思ったんです。実際、もともとアパレル会社で販売員をしていて、30代を目前にして体力面・キャリア構築面・収入面で限界を感じて他業界に転職したけれど、やっぱり好きなファッションに少しでも関わっていたい、培ってきた経験や知識を活かしたい…と登録する人が多いんです」

ファッションアテンダントサービスの料金は、登録者全員一律で、1時間コース:7500円、2時間コース:1万円、3時間コース:1万5000円。

横路さん「女性の場合は『体験』、最近でいわれる『コト消費』にお金をかけることに抵抗がありません。お花や料理などの習い事をするなど、その時間を楽しみながら自分を磨くことに自己投資するので、この金額でも受け入れられていますね」

IT企業に勤務しながら、副業でファッションのアドバイスを行う

アテンダント登録者のうち多くを占めるのは、会社員やフリーランスとしてファッション関連の仕事をしている人、あるいはもともとアパレル業界にいて、今は異業界で仕事をしている人。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。