体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

奈良・鴻ノ池に新たなスターバックス、公園の自然に囲まれた美しいロケーション

DSC_0002
緑あふれる公園と大きな池を目の前に望む絶好のロケーションに、新しいスターバックスが2017年12月15日にオープンした。場所は、奈良市の鴻ノ池運動公園。奈良県内で最大規模の店舗となる。

キャプチャDSC_0020
まず、建物の大屋根が店舗の外部と内部を一体化させ、天気が悪くても小雨程度なら、また日除けにもなるので、外でも気軽にドリンクやフードが楽しめる。外にはベンチ席も多く、散歩やランニングの途中などに立ち寄って休憩するのにも利用しやすい。

DSC_0034DSC_0027
そして、公園の自然になじみやすいように天井や外壁部分に「木材」がふんだんに使用し、天井や家具も木が多く、温かみある雰囲気を演出する。窓が大きいので、店内からも鴻ノ池がよく見える。店内にはテーブル席、ソファ席、カウンター席と、座席のバリエーションも豊富だ。

DSC_0040
天井には、木製のモビールアートも設置。これは、スターバックスと地域とのつながりの場、公園の自然と一体化した“つなぐ”想いが込められているという。コーヒー農園を描いたアートワークも必見。

DSC_0052
さらに、U字状のバーカウンターは、コーヒーを抽出するシーンを眺めたり、バリスタと会話したりもでき、よりいっそう楽しめる特等席といえる。

DSC_0059
ここで現在、東京ミッドタウン店、エキマルシェ大阪店など全国24店舗のみ限定の『スターバックス(R) ナイトロ コールドブリュー コーヒー』(トールサイズ税抜520円など)を、奈良県の店舗で唯一提供する。熱を加えず水でゆっくり時間をかけて抽出する水出しコーヒーに窒素ガスを注入して一杯ずつ提供するこのコーヒーは、豆の奥深い味やなめらかでクリーミーな味わいなど、一度飲むとやみつきになりそうな美味しさだ。

DSC_0063
公園に建つロケーションはもちろん、池のそばで景観もよく、なにより店内が広々として居心地の良さを真っ先に感じた。バーカウンターで『スターバックス(R) ナイトロ コールドブリュー コーヒー』をじっくり味わうのもいい。テラス席も多いので、特に春や秋といった気持ちのいい季節はぜひ外で楽しみたい。夜はライトアップされる。

「スターバックス コーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店」の営業時間は、8時から22時。駐車場あり。近鉄奈良駅から路線バスが便利(約3分)
スターバックス コーヒー ジャパンhttp://www.starbucks.co.jp/
(Written by Aki Shikama)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

京都のスターバックスで夜、「明かりのない」店舗で過ごすイベント 12月4日・10日開催
【中国 最新レポ】 深センのベスト「スターバックス」はここ、香港からもアクセス良し
ニュージーランドは「スタバ」が少ない!でもそこには懐かしのアレが…

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。