体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今さら聞けない!Pythonとは【初心者向け】

人気のプログラミング言語「Python」について解説します。

どんなシーンで使われるプログラミング言語なのか、Pythonで作れるアプリケーション、Pythonのメリット・デメリットについて説明しているので、これから習得を目指している方は知っておきましょう。

日本でもこれからより注目される言語になるはずです。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

目次

Pythonとは
Pythonで作れるもの
Pythonを使うメリット・デメリット
基本構文

 

Pythonとは

Pythonとはプログラミング言語の1つです。

分かりやすい文法が特徴で、非常に広く使われているため学習するためのサイトや本もそろっています。

 

また、Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能です。

これは、Pythonで書いても同じようなコードになるような思想の元設計されています。

したがって、超一流のプログラマーと同じようなコードを、初心者でも真似して書くことが可能です。

また、最近では、AI(人工知能)と呼ばれる分野でPythonが利用されることで注目を浴びています。

 

Pythonで作れるもの

Pythonは、組み込みアプリ開発やWebサイト構築から、ディープラーニングまで様々な分野で利用可能な言語です。

Pythonでは多くのWebサービスが作成されています。

PythonでWebサービスを作成する上でよく利用されているのが「Django」というフレームワークです。

Pythonで人気のフレームワークまとめ

 

PythonはGoogleやNASAの内部でも利用されています。

現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。

今さら聞けない!Pythonとは【初心者向け】

現在は、一般的にAIと呼ばれる人工知能や機械学習分野で使用されているPythonの技術が注目されています。

例えば、深層学習と呼ばれるディープラーニングの分野でも多くのソフトウェアがPythonで動作しています。
Chainer(柔軟な計算グラフを作成可能)
Keras(簡単に計算グラフを扱うことができる。)
TensorFlow(Googleが開発したディープラーニングのフレームワーク)
PyTorch(Facebookで研究用途に使用されているディープラーニングのフレームワーク)

 

Pythonを使うメリット・デメリット

Pythonを使うメリット

現在インターネットに接続しているWebサイトやアプリはLinuxというOS上で動作していることが多いです。

このLinuxには標準でPythonというプログラミング言語が動作するようになっています。

つまり、WebサイトやWebアプリを動かしている殆どのサーバーで追加インストールせずとも動作が可能だという事です。

 

また、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だということです。

加えて、ディープラーニング分野で占めるPython利用率が高いため、Pythonを学習後、ディープラーニング分野への転職がしやすくなります。

 

Pythonを使うデメリット

PythonでWebサービスの開発をすることは可能です。

そして、Djangoというフレームワークがあるため、難しくもありません。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。