体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉岡里帆、ピース又吉に直撃「綾部さん大好きですよね?」

吉岡里帆、ピース又吉に直撃「綾部さん大好きですよね?」
J-WAVEで放送中の番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(ナビゲーター:吉岡里帆)。12月17日(日)のオンエアでは、作家で、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんをゲストにお招きしました。

2003年に綾部祐二さんとお笑いコンビ「ピース」を結成。その後、2015年に『火花』で芥川賞を受賞、300万部のベストセラーになりました。最新作『劇場』も話題で、文筆の世界でも才能を発揮しています。吉岡は、又吉さんが編集長を務めた雑誌『又吉直樹マガジン 椅子』で一緒に仕事をしたことがあります。

まずは、そんな又吉さんの子供の頃の話を伺いました。

「今とあまり変わらないんですけど、恥ずかしがりやで最初あまりしゃべらなくて、2学期くらいから友達が増えていくタイプでしたね。1学期は誰も僕の存在に気づいてない、みたいな(笑)」(又吉さん、以下同)とのこと。「小学校くらいまでは、ちょっと自己中で勝手な行動が多くて。授業中『ちょっとグラウンドの状態みてきます』って言っておらんようになったりとか…」と、不良ではないし先生の言うことも聞くけど、ちょっと扱い難いタイプだったと自己分析していました。

「小学校5年生くらいになると、自己中が過ぎると周りから人が減っていくじゃないですか。1人で遊んでる時間が増えてきて、あまり気にしなかったですけど、サッカーの基礎練習の時、2人組で組む人がいなくて(笑)、そのヘンから協調性を学んでいくようになったんです」

そんな又吉さんが文章を書くきっかけについてですが、実は小学校の時から文章を書くのは好きだったそう。

「こんな面白いことがあったと作文で書いて、みんなの前で発表するのが好きで、でも教科書にある本はあまりおもしろいとは思わなかったんですが、たまにすごい切ない話とかがあって…。中学くらいの時に芥川龍之介の『トロッコ』とか、太宰治の『人間失格』を読んで、『自分と同じような人がいるんだ』とハマっていったんです」と話してくれました。

トークの後半は、又吉さんが最初に住んだ街の話や、今、又吉さんが住んでいる部屋についての話も飛び出しました。「みんなが遊びに来れるようにグラスもいっぱい買って、皿もいっぱい買ったのに誰も遊びに来ないですね。椅子も座れるところいっぱいあるのに(笑)」とやや自虐気味に語っていましたが、家にいると寝てしまうので執筆部屋をもう一つ持っているそうです。

最後にこんなトークも。

吉岡:私がすごく好きなのが、又吉さんの相方(綾部さん)への愛がとめどないところで…又吉さん、綾部さんのこと、大好きですよね?
又吉:大好きなんかなあ(笑)? 好きですけど。面白い人やな、と思ってますね。一生懸命、人気者になろうとしてオシャレして、みんなに好かれることとか、いいこととか言ってるけど、それが空回りして『何だよ綾部、うっとうしい』とか言われているとことかがムチャクチャ面白いんですけど(笑)。みんなが思っている程イヤな奴じゃないし、純粋にモテたいと思ってる。そこはとても純粋な気持ちなんで、『サッカー上手くなりたい』とか『野球上手くなりたい』とか、そういうのと同じくらい純度が高いものだから、ただ滑稽なんですよね(笑)。上手くいってないのがおもろいなと、そこがツボです(笑)。
吉岡:それが聞きたかったんです(笑)。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「UR LIFESTYLE COLLEGE」
放送日時:毎週日曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。