体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熱々の石焼きの器でいただく「頂天石焼麻婆豆腐」

12月16日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、午前09時25分~)では、京浜東北線・根岸線で途中下車しながら、ぶらり旅した中で、「陳家私菜・秋葉原店」(東京都千代田区)が紹介された。

JR秋葉原駅の昭和通り口から2分ほど歩いたところにある同店は、20年以上の歳月をかけて納得のいくスパイスを探し続けた店主が中国で手に入れたスパイスを独自にブレンドし、わずかな温度変化でも風味が変わってしまうスパイスを絶妙な火力で調整して丁寧に調理した料理が楽しめる中国料理店。辛さの奥にも複雑な味を生み出すためラー油や豆板醤も手作りしているとのことl。

お店のおすすめメニュー「頂天石焼麻婆豆腐」(ランチタイム800円/税込み)は、石焼きの器に盛りつけられており、中の豆腐を崩してからいただく。豆腐を崩すほどにスパイスが染みわたり、味と香りの深みが増していくこだわりの一品だ。
麻婆豆腐をご飯の上にのせてから食したなぎら健壱さんは「あっつ、ほほー。今まで慣れ親しんできた麻婆豆腐の味とはちょいと違いますね。独特の味というか、香りというかね、例えようがないんですね。これはクセになりますね、この味!美味しいですよ」とコメント。

店主から「香りとか、うま味また増やすんですよ」と言われ自家製ラー油を投入した麻婆豆腐を食べると「味変わっちゃった、香りが変わった。これっ、絶対クセになります」とコメントし、料理を堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:陳家私菜(ちんかしさい) 秋葉原店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:秋葉原のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:秋葉原×中華のお店一覧
魚介のエキスが溶け込んだ濃厚「あんかけ塩らーめん」
海鮮に負けない豚の魅力「函館黒豚丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。