体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トーニャ・ハーディング、自身の伝記映画『I, Tonya』を観て「満足」

トーニャ・ハーディング、自身の伝記映画『I, Tonya』を観て「満足」

不名誉な印象が付いてしまったフィギュアスケートの元オリンピック選手、トーニャ・ハーディングは、自身の伝記映画『I, Tonya』(原題)で、再びスポットライトを浴びているが、この作品について好印象だったようだ。

『I, Tonya』でトーニャの母親役を務めたアリソン・ジャネイは、このスキャンダルで世間を騒がし選手生命を終えたフィギュアスケーターと会った時のエピソードを、米人気トークショー『エレンの部屋』で語った。トーニャは今月5日にロサンゼルスで行われたプレミア上映会で、同映画の出来にとても満足していたという。

「トーニャは映画をとても気に入ってくれたわ。いくつか気になる点もあったようだけど、全体的に満足してくれた」とジャネイは、番組ホストのエレン・デジェネレスに語っている。

ハーディングがこの映画を評価した理由として、ハーディングの事を単に悪役として描いていない事が挙げられる。1994年、ハーディングの元夫とボディガードが、最大のライバル、ナンシー・ケリガンを襲撃する男を雇った時、多くの人々は彼女をそっくりそのまま悪者扱いした。しかし、ジャネイによると、メディアで明かされた内容より実際は”もっと複雑”だったと言い、その状況が映画で描かれているという。

「多くの人がハーディングにとても同情すると思う」とジャネイは語る。

ハーディングは、母親ラヴォナ・ゴールデンをジャネイが演じることにお墨付きを与えたという。また、エレンに至ってはその演技を絶賛し、ジャネイがオスカーにノミネートされることは確実だと太鼓判を押した。

https://www.youtube.com/watch?v=robHCW1NGSo

『I, Tonya』(原題)は12月8日から全米で公開されている。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

AIが「ハリポタ」全7巻のデータを元に新作を書き上げ話題に
今年米国で最も検索された俳優トップ10が発表!
可愛過ぎる!英王子に丁寧にお辞儀する『スター・ウォーズ』BB-8【映像】
公開直前!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』プレミア上映での評価まとめ
ジェニファー・ローレンスにそっくりな17歳が発見される!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy