体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NORADのサンタ追跡、カナダ軍のエスコートパイロット決定

第401飛行隊のエスコートパイロットと整備員(PHOTO:RCAF)

 まもなく訪れるクリスマス。アメリカとカナダが共同で設置しているNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)が1955年以来、60年以上にわたって恒例としている、サンタ追跡も始まります。本番を控え、カナダ空軍がサンタクロースを上空でエスコートするパイロットたちを発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 そもそも普段は24時間態勢で北米大陸(アメリカ・カナダ)に対するミサイル攻撃などに備えているNORAD。サンタクロースを追跡するきっかけとなったのは、1955年のクリスマス商戦でした。アメリカ・コロラド州の百貨店が「サンタさんと話せる電話」を開設し、新聞広告に電話番号を載せたのですが、その番号が間違えており当時NORADの前身であるであるCONAD(中央防衛航空軍)の司令部の司令官用直通電話(ホットライン)が掲載されたのです。

 基本的にこの直通電話は、緊急事態が発生した時にしか鳴りませんが……かかってきた電話をうけとったのは、当時の指揮官、ハリー・W・シャウプ大佐。そして電話の向こうからはこんな質問が…………「ほんとにサンタさんなの?」。

 機転をきかせたシャウプ大佐は、サンタクロースの住んでいる北極から何かが飛び立った形跡がないか、部下に調べさせた結果を伝えました。恐らく、自分はサンタクロースではなく、彼を追跡監視する仕事をしているんだ……みたいなことも同時に伝えたんでしょうね。次々かかってくる電話に、大佐は同様の対処をしました。以来、CONADには、クリスマスの特別任務として「サンタクロース追跡」が追加されたのです。ちなみにシャウプ大佐のニックネームもこれを機に「サンタ大佐」になったそうですよ。

 そしてカナダ空軍では毎年、サンタクロースが安全にプレゼントを配れるよう、カナダ上空でエスコートするパイロットらスタッフを任命し、発表しています。今回任命されたのは4名のCF-18パイロットと、担当整備員です。

 カナダの東海岸を担当するのは、ケベック州バゴットビル空軍基地の第3航空団から第433飛行隊のボイヴィン大尉とクィリオン大尉。担当整備員はデイヴィッド軍曹。

NORADのサンタ追跡、カナダ軍のエスコートパイロット決定第433飛行隊エスコートパイロットのボイヴィン大尉と整備員のデイヴィッド軍曹(PHOTO:RCAF)
NORADのサンタ追跡、カナダ軍のエスコートパイロット決定第433飛行隊エスコートパイロットのクィリオン大尉(PHOTO:RCAF)

 カナダ西海岸でサンタをエスコートするのは、アルバータ州コールドレイク空軍基地の第4航空団から、第401飛行隊のロック中佐とミトルホルツ大尉。担当整備員はリッチモン伍長とアビエーターのラヴォアさん。
NORADのサンタ追跡、カナダ軍のエスコートパイロット決定第401飛行隊のエスコートパイロットと整備員(PHOTO:RCAF)

 あわせて、オンタリオ州ノースベイ空軍基地の第22航空団・第21警戒管制隊で、サンタ追跡の通信管制を担当するスタッフも発表されました。責任者はカナダ空軍の女性士官リートン少佐。担当者はアメリカ空軍からビシニ軍曹、カナダ空軍からはシャルティエ伍長です。
NORADのサンタ追跡、カナダ軍のエスコートパイロット決定NORADサンタ追跡の管制官(PHOTO:RCAF)

 NORADのサンタ追跡に従事するというのは名誉なことです。子供がいる場合、自分の親がサンタクロースのプレゼント配りをサポートしていると知ったら、とても誇りに思うでしょうね。

※PHOTO:RCAF

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

より簡単に無人航空機を操縦 アメリカ海軍が改修キットを披露
ベトナム航空がプレミアムエコノミー導入。銀座に期間限定カフェもオープン
史上初・羽田のJAL格納庫で300人超の「踊ってみた」開催。ニコ生でも中継

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。