体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

24人のパティシエが紡いだ物語。2018バレンタインチョコレート【ホテルオークラ東京】

ホテルオークラ東京の2018バレンタインチョコレートが発売

ホテルオークラ東京は2017年1月9日(火)より、バレンタインチョコレート「Idea~イデア~」をテイクアウトコーナー「シェフズガーデン カメリア」にて発売します。
今回は24人のパティシエたちがアイデアを持ち寄り、チョコレートの溶かし方、固め方、艶の出し方など様々なインスピレーションを合わせて7つのテイストを作り上げました。

「Idea~イデア~」はプラトン哲学でいう「本質」。どんな形でも、本質に流れるオークラの伝統的技術や作り手の思い、愛は変わらないということを意味しています。

受け継がれてきた伝統の技術と各スタッフのオリジナリティを合わせた、次世代の流れを予感させる色々な味、形のチョコレートです。ホテルオークラ東京の歴史と伝統もありながら、枠にとらわれないことの可能性も表現しています。

変わらない愛「Idea~イデア~」

Idea~イデア~
7個入り¥3,240(税込)

*右下より反時計回りに
フィグ・グリオット、アプリコット、抹茶、ギモーヴショコラ、ノワゼット柚子、ココマングー、ピスターシュフランボワーズ

受け継がれてきた伝統の技術が詰まった7つのテイスト

上記写真、左から
“フィグ・グリオット”
イチジクのコンポートとグリオットチェリーのガナッシュを合わせ、。愛らしいハートの形に仕上げました。(チェリー マルニエ使用)

“抹茶”
和と洋の味の融合。宇治抹茶のガナッシュをビターチョコレートで包みました。(抹茶リキュール使用)

“アプリコット”
アプリコットのパート・ド・フリュイ(フルーツのハードゼリー)とガナッシュをミルクチョコレートでコーティング。芳醇な甘さが特徴です。(アプリコットブランデー使用)

上記写真、左から
“ココマングー”
ココナッツ風味のクリスピー生地とマンゴーパッションのキャラメルをビターチョコレートで包みました。

“ノワゼット柚子”
ヘーゼルナッツのクリスピー生地と柚子のキャラメルにまろやかなミルクチョコレートを合わせた一品。ほのかに香るが柚子が爽やかな一品です。

“ピスターシュフランボワーズ”
ピスタチオのクリスピー生地とラズベリーのキャラメルをビターチョコレートでコーティングしました。

“ギモーヴショコラ”
ヘーゼルナッツの自家製プラリネとギモーヴを合わせ、ビターチョコレートで包みました。バーチョコレートとの食感の違いをお愉しみください。

≪ご予約・お問い合わせ≫
販売期間:2018年1月9日(火)~ 3月14日(水)
販売店舗:テイクアウトコーナー「シェフズガーデン カメリア」(1階)
TEL:03-3224-6654 、営業時間:6:30~深夜0:00
予約受付:お渡しの前日まで

ホテルオークラ東京
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-4
TEL:03-3582-0111(代表)
アクセス:東京都メトロ日比谷線・神谷町駅、南北線・六本木一丁目駅 ※いずれも徒歩10分以内

▼ホテルオークラ東京webサイト
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/

▼ホテルオークラ東京インスタグラム公式アカウントhttps://www.instagram.com/hotelokuratokyo/

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。