体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメ『ザ・シンプソンズ』、ディズニーによる20世紀FOX買収を20年前に予言していた


アニメ番組『ザ・シンプソンズ』は、巨大メディアの誕生を予測していた。米ウォルト・ディズニーによる、米20世紀FOXの資産買収だ。

ESPNのレポーター、ダレン・ロヴェルのツイートにあるように、1998年11月8日に放送されたシンプソンズの『When You Dish Upon A Star(原題)』というエピソードには、「ウォルト・ディズニー・カンパニーの1部門、20世紀FOX」と書かれた看板が掲げられている。



また『ザ・シンプソンズ』は、シーズン27の『カウチギャグ』の中で、『シンデレラ』や『ジャングル・ブック』のようなディズニーの古典アニメを登場させ、妙にディズニーを持ち上げている。

それだけではない。『ザ・シンプソンズ』による不気味な予言で最も有名なのは、ドナルド・トランプ大統領の誕生だろう。大統領選に入るはるか以前、2000年のエピソードの中で予言し、見事に的中させた。

12月14日(現地時間)、ディズニーは交渉の末、メディア王ルパート・マードック帝国から、20世紀FOXとその他のエンターテイメント、スポーツ部門の資産を取得すると発表した。今回の買収金額は524億ドルに上り、ナショナル・ジオグラフィック、FX、リージョナル・スポーツ・ネットワーク(RSN)、スター・インディア、Hulu、スカイなどの株式が含まれる。ディズニーが獲得する権利の中には、多くのファンがアベンジャーズの世界への統合を望んでいるスーパーヒーローの人気シリーズ、『Xメン』や『ファンタスティック・フォー』などもある。




Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。