体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もしXperia 2018モデルが狭額縁デザインだったらデザインはこんな感じ?

とてもスリムなボディデザインを採用した謎の Xperia スマートフォンの実機写真風画像がネット上に出回っていました。この画像は “フェイク” とされていますが、真偽のほどはさておき、その外観はこれまでの流出した Sony H8216 などのスペックシートに記載されている寸法を上手くデザインに反映させている点で参考になります。もし 2018 年モデルの一つが Xperia XZ1 の後継モデルをベースにしたデザインを採用している場合、上図は完成予想図になると言えます。Xperia XZ1 のループデザインをそのままに、上下のベゼル幅を従来よりも細くしたのがこのデザインの特徴です。噂のスペックだと、H8216 の縦横サイズは 5.46 インチ画面で 148mm x 73.4mm なので、とてもコンパクトな端末になると考えられます。ただしこれは、噂が正確であればの話で、現時点で 2018 年モデルの確からしい情報と言えば、複数のハイエンドモデルが存在し、いずれも Android Oreo を搭載。ハイエンドモデルにはフル HD ディスプレイの端末と 4K ディスプレイの端末が存在することくらいです。Source : ESATO

■関連記事
Google Pixelbookの$100値引きセールがGoogleストアやAmazonで実施中
LastPassがAndroid版Microsoft Edgeをサポート
HuaweiとXiaomi、米国の大手キャリアとスマートフォンの発売で交渉中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy