体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

95年の歴史上初!週刊朝日が丸ごと一冊ネコ特集

95年の歴史上初!週刊朝日が丸ごと一冊ネコ特集

 12月19日発売の週刊朝日が、「丸ごと一冊ネコ特集」という思い切ったことをやってくれました。もちろんこれは、95年の歴史を持つ週刊朝日で初のこと。別冊企画や増刊ではなく、通常の発売号で実現させるとは……これは保存版ですね。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 表紙を撮影したのは、ネコを撮り続けて40年以上、NHKの『岩合光昭の世界ネコ歩き』でも知られる動物写真家の岩合光昭さん。モデルとなったのは、青森県・津軽のリンゴ農家で暮らすネコ、ハナちゃんです。『岩合光昭の世界ネコ歩き』のスペシャル版『津軽の四季』で、お母さんのコトラと一緒にいる様子が紹介されたのを覚えている方もいるかもしれません。もう3歳になり、コトラと同じくお母さんになりました。

 綴じ込み付録には、同じく岩合光昭さん撮影の2018年カレンダー『子ネコの冒険』が。来年は戌年ですが、こういう時はネコが十二支にいなくてよかった(毎年楽しめるから)と思わずにいられません。

 もちろん、連載コラムにもネコがいっぱい。連載執筆陣のうち、内館牧子さん、池谷裕二さん、室井佑月さん、東海林さだおさん、嵐山光三郎さん、春風亭一之輔さん、帯津良一さん、カトリーヌあやこさん、山田美保子さん、山田清機さん、津田大介さん、東尾修さんの11名が、自身のコラムでネコについて触れています。連載まんがの『ヘルプマン』『パパはなんだかわからない』『ペコロスの母の玉手箱』にもネコが登場しますよ。

 さらにネコ好きの作家・角田光代さんとミュージシャン・河野丈洋さんの夫婦対談、『猫語を話そう』『愛猫との死別』といった特集記事も。ネコが出てくるページには、目印として肉球スタンプがあるので一目でわかるようになっています。定価は400円です。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

築地名物「ターレー」が机を走る!カプセルトイで登場
オタクをだめにするコタツ?ぬくぬく&収納力抜群でコタツムリが加速しそう
今年もセーラー服に包まれてぬっくぬく・着る毛布セーラー服2018発売

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。