体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋元梢の考え方を変えた“義足モデル”GIMICO

秋元梢の考え方を変えた“義足モデル”GIMICO
J-WAVEで放送中の番組「CHINTAI TOKYO DISTRICT」(ナビゲーター:秋元梢)。12月17日(日)のオンエアでは、義足モデルとして注目を浴びるGIMICOさんをゲストにお招きしました。

“義足モデル”という言葉にあまり馴染みがないかと思いますが、GIMICOさんはリオデジャネイロ・パラリンピック閉会式で行われた「フラッグハンドオーバーセレモニー」に出演されたことで、さらに注目されました。

「生きるために足を切断することを選んだ」というGIMICOさん。そもそもどうして足を切断することになったのでしょうか?

「中学2年生の時に骨肉腫っていう骨のガンになりまして。だから、中学2年生は7ヶ月くらい入院生活を送ってたんですけれども、その結果、足を切断することになった、っていう経緯なんです」とGIMICOさん。

中学生という多感な時期に足を切断されたため、「とても辛かったでしょう?」と周りからよく言われるそう。「でも、中学生ってまだ子どもだし、真っ白だからすごく順応性があったというか。だから、いま大人になってみて、その選択ができるかなって。いろんなことを知ってしまった大人になってからのほうが、もしかしたら辛かったかもしれない」とおっしゃいます。

GIMICOさん自身も周りの人も「生きること」しか選択肢はなく、「私がその時にしなきゃいけなかったことって、『足を切断するか残すか』じゃなくて、『生きるか死ぬか』だった」とも。

秋元は、GIMICOさんにお会いするまでは、「言い方がわからないのですが…『かわいそう』と思ってしまってしまう部分があった」と言葉を選びながら伝え、また、GIMICOさんに出会ってそれが変わったとも続けました。

「自分の中の義足の方に対するイメージとまったく違ったんです。勝手な印象ですけど、そういう人たちって隠したいのかなって思っていたら、その義足を武器にモデルの活動とかをなさっていて、すごく興味が湧いたんです」と秋元。

これを受けてGIMICOさんは「私がしてきた選択の中で、一番間違っていないことが、『生きるか死ぬか』の『生きる』を取ったっていうこと。自分の中でやはり自信があるんですよね」と語り、切断後に悲観的になることは一度もなかったそうです。とても強い方なのですね。

GIMICOさんは義足モデルのほか、ブラジリアン・ワックスのサロンも手がけています。今後も幅広いジャンルで活動するGIMICOさんに、ぜひ注目してみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「CHINTAI TOKYO DISTRICT」
放送日時:毎週日曜 12時−12時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/district/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。