体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【徳島 最新レポ】 ジャパンブルーの「藍」、藍染体験と絶景カフェ

DSC_1526
“JAPAN BLUE”といえば、日本の藍のこと。
日本は、インド産のインド藍、ヨーロッパ産のウォードなどと並ぶ天然の藍染め生産地で知られ、徳島県産は「阿波藍」といわれます。鎌倉時代の半ばに徳島県美馬市で藍の栽培が始まり、江戸時代には吉野川下流が生産地として日本最大の藍作地帯となりました。
その徳島の藍という伝統を日本、そして世界に発信しようとしているのが、徳島県海陽町にある藍染スタジオ&カフェ「in Between Blues」です。

DSC_1550
海岸沿いにあるきれいな一軒家で、雄大な太平洋を眺めながら、誰でも気軽に藍染体験ができます。オーガニックの手ぬぐい、Tシャツなどお土産にも持ち帰ることができ、藍染体験はやや力仕事ですが、スタッフが優しく的確に説明とアドバイスをしてくれるのでとても楽しく、乾く間に、藍色のマカロンや藍の実を使った種茶などをカフェで味わうことができます。自分が作った藍染は旅の記念にもピッタリ。

DSC_1477DSC_1467
藍のさまざまなグッズもここで購入できます。カフェやショップのみの利用もOK。スタッフは皆きさくで、徳島の“藍”についてたずねると分かりやすく教えてくれ、話もはずみます。
in Between Blues | Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/inbetweenblues/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【徳島 最新レポ】 ロープウェイで行く絶景のお遍路寺、きのこ茶もおいしい
【徳島 最新レポ】 徳島で飲んだ後の締めはこれで決まり!「鯛塩ラーメン」【徳島 最新レポ】 徳島ならでは! 冬の絶品「すだちブリ」と名物ねこ駅長

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。