体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#49 眼の力

meisa1

 先日、ある女優さんを撮影した後で、彼女はこう言うのだった。

「カメラマンさんには全てを見透かされているような気になります。レンズを通して見つめあったりするし。」
「うん、確かにそうだね。見つめ合うよね。非日常的なくらいに。」
 

 この何気ない短い言葉の受け渡しのあとで、私は、そこにとても大切な気づきがあると感じた。これは見過ごせない、見つめ合うことについて、あとでゆっくり時間をとって考えた方がいい、と。
 前述の女優さんが言うように、カメラを手にする者と、撮られる者との間には、非日常的な時間が流れる。なにしろ、言葉を交わさずに見つめあっている時間がとても長いからだ。

 言葉を交わさず見つめあっている時間。

 これは、恋の始まりにしか起こらない稀な瞬間の重なりで、つまり一般的には、長く短い人生の中でも、瞬きのような短時間にしか経験出来ないことだ。あくまで一般的には、だけれど。
 撮影者と被写体との間に生まれる、恋人のような共犯者のような、特別な関係は、言うまでもなく、見つめ合うことから始まる。もう少し付け加えるなら、見つめ合い続けることから生まれる。
 このことは、いったい何を意味するのだろうか?
 アイコンタクト、という言葉があるくらい、人は目と目でコミュニケーションできる。元々言葉を持っていない頃から、人もコミュニケーションが取れていたはずだから、目と目での意思疎通は出来て当たり前だとも言える。
 だが、この目と目によるコミュニケーションを、案外、現代人は等閑にしてはないだろうか?
 自分のケースで考えてみると、会話中には相手の目を見て話しはしているが、ここでは目よりも、言葉の取捨選択や組み立てに意識のほとんどが費やされていて、視線は一応相手の目に置いてあるような感じである。もちろん、目に現れる相手の感情の起伏や平坦さに気づきはするが、言葉のやり取りに、置いていかれてしまうのがほとんどだ。

2ページ目につづく

meisa2

 だが、前述の撮影時でのやり取りは、肝心なところでは、言葉が失せていることが多い。話しなんかしていられない、という状態になっているのだ。無論、話し続けながら撮り続ける撮影者も、特にそれを職業としている方には、結構多いかもしれない。だが、その場合は、視線の絡みが主役で、言葉はつなぎのような役割をしているのだろう、と思う。

 視線を合わせることによって生まれる感情や関係があることは、きっと撮影者と被写体ならずとも、日常において多くの人がすでに感じていることだと思う。「目が語る」「目は口ほどにものを言う」という表現を持ち出すまでもなく。
 また、昔の人や、ある未開の民族は、写真を撮られると魂を抜かれてしまうと信じていて、それは目が魂の入り口になっているという実感から来ているのだろう。この感じは、なんとなく私にもわかる。写真を撮られる時の被支配感、というのは相性が悪いと不快感に直結することからも、おそらくきっと私たちは撮られるたびに本当に自分の一部が持ち去られているのだと思う。いや、ほんとうに。

 で、ここからが本題なのだが、魂を抜かれる云々というのがある一方で、写真を撮り、撮られる関係で、互いに癒されることも時にはある。美しい女優さんに撮影者が癒されるというのは分かりやすいが、美しい女優さんの方が、撮影者に癒されることもある。それは撮影者が優しい人だったら想像しやすいが、厳しい撮影者にすら癒される女優がいるのだから、単純な構造ではない。おそらく撮影を通して、つまり目と目を合わせて交感できた時に、癒しが生まれるのだと考えられる。
 写真において、私は、自他共に認める淡々と撮る派で、額に汗をかいたり、声や感情が昂ぶることもほとんどなく、いつの間にか離陸と着陸を終えている感じだ。それでも、目と目を合わせて、しっかりと魂と魂が結びついた時にのみ、いい写真が生まれるのを数多く経験している。
 目からは、間違いなく何かが出ている。何がそこを通って出入りしている。それはいったい何だろう。ある種の情報に違いないが、それを何と呼べばいいのだろう。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy